密着!ハイウェイ・レスキュー カナダ編 4

原題:Highway Thru Hell Season 4

番組内容

天候が荒れると現れる。道路を守る男達の意地。

ブリティッシュ・コロンビアからアルバータ州に進出を決断したジェイミー・デイビスは未経験のハイウェイで、より大規模なレッカー作業に直面する。しかしクルーの大幅な入れ替えを余儀なくされ、すべてが新人に託されることになる。兄弟たちも業務を支え始めるが、新事業の開拓に限界が近づく。より小規模に手堅く営業するアル・クイリングを見て、業務拡張を続けるか、あきらめて本拠地に帰るか、ジェイミーは決断を迫られる。

■二カ国語
■60分/13話

ココが見どころ

道路の秩序を守る男の中の男達!
ジェイミー
「ジェイミー・デイビス高度けん引救助会社」のオーナーを務める。ブリティッシュ・コロンビアだけでなく、アルバータ州北部でも仕事を初めてからは、労働力の不足からてんてこまいな生活を送っている。そのせいで、第1シーズンで購入した愛車のローテイター(救助車)に乗ってオフの時間にドライブすることさえも、ままなっていないらしい。

アル
1962年、アルの祖父が開設したレッカー会社を任されている。「グリーン・トラック」と名付けられた85トンの巨大トラックと共に嵐があれば駆けつける。可愛い息子であるケリーとルーカスを次期社長にしようと2人を鍛錬中でもあるらしい。

ゴード
ハイウェイレスキューとして働き始めてからすでに16年もの経験を持つ。「毎日違う刺激がある」からこの仕事が辞められないと言う。オフの日にはお気に入りの大型バイクを乗り回しているらしい。

コリン
前シーズンではアダムと常に行動をしていたコリン。脱ルーキーするために、今シーズンでは独り立ちする。しかも、ジェイミーの愛車「ローテイター」を任せるという期待のもたれっぷり。果たして彼は、近シーズンの嵐とプレッシャーに勝つことが出来るのだろうか?

ランディ
幼い頃からレッカー車を運転する日を夢見てきたランディは、独学でノウハウを学んだ強者。人々を助け、渋滞を許さないという熱い使命に燃えている。オフの日には狩りに夢中らしい。