常識破りの科学者たち

原題:Mad Scientists

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 ジェットエンジン付きオフィスチェア 」

ジョンが一緒に作業するのは、電気工事士のドン・ジャンドメニコ。彼は不用品を利用して、ガレージでジェットエンジンを作っている。2人でオフィスチェアをリサイクルして、ドンのジェットエンジン付きバイクにサイドカーを合体させようとする。製作を通して絆を深めたジョンたちは、お互いの腕前を褒め合う。オフィスチェアで時速50キロに届いたら、ドンの代わりに子供の面倒を見るとまでジョンは約束した。歓声に沸く見物人を前にシートベルトを締めたドンとジョンは、ユーモラスでスリル満点のジェットエンジン付きオフィスチェアのテスト走行に挑む。

「 究極のロック・クローリングマシン 」

ジョンが協力するのは、生粋のカリフォルニア男キャメロン・カールソン。岩場をはうように走る型破りなロック・クローリングマシンに、ちゃんと動く5番目の車輪を車体後部に追加しようというのだ。走行はガタガタでも車体はガッチリ。キャメロンのガラクタだらけの裏庭は驚きに満ちていた。テスト用の採石場で友人らが見守るなか、ジョンとキャメロンが新生ロック・クローリングマシンを披露する。そこには予想外の結果が待っていた。

「 ターボチャージャー付き落ち葉掃除機 」

ジョンが一緒に作業するのは、サウスカロライナ州のドラッグレーサー、クリス・クルーグ。ミニバンにヘリコプター用エンジンを載せている男だ。ジョンたちはメインストリートを封鎖してドラッグレースを敢行。さらには究極のジェットパワー付きガーデニングマシンの製作に挑む。デザインはイマイチだが、煙の吐き方はハンパじゃない。煙の立つところには火も上がる。新型マシンを友人の前で披露すると、火花はさらに激しさを増す。

「 巨大シーソーで飛び上がれ 」

ジョンがタッグを組むのは、ネバダ州リノに暮らすニーダム一家。家族全員が「ガレージ発明家」という彼らとともに、「ムーン・ジャンパー」と名付けたスリル満点のマシンを設計して作り上げる。ムーン・ジャンパーを動かすには地上で自転車をこぎ、その力で地上約35メートルにいるジャンパーたちを回転させる。昔ながらの創意工夫と家族の絆を思い出させるような、一家の共同作業だ。

「 ロボットとバスケ対決 」

ジョンがチームを組むのは、マサチューセッツ州メドフォードに住むロボット・デザイナーのスティーブ・ノリス。ジョンはスティーブとともに「バスケット・ロボット」という巨大なロボットを設計して作り上げる。今にも壊れそうなロボットは最初からトラブルに見舞われるが、何とか持ちこたえる。2人は夜を徹して相次ぐ故障に対処し、地元高校の学園祭で公開しようと精を出す。しかし本番を前に2人には焦りが。楽器隊の演奏が始まってもロボットはまだ完成しない。何百人もの観衆が声援を送る中、ジョンとロボットの1対1の対決が始まった。ジョンは必死でロボットの勝利を願うが…。

(c)National Geographic Channel   (c)NGC and Mika Duncan   (c)NGC/DANIEL MCKEOWN   (c)NGC / Mika Duncan   (c) NGC/ Daniel McKeown