世界の巨大工場4

原題:Megafactories

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 フォードF-150 (Ford F150) 」

アメリカのミシガン州ディアボーン市にあるフォード社の自動車製造工場、ディアボーントラックプラント。フォード社の工場でも、最新の製造技術を持つ工場だ。ここでF-150は製造されている。工場内には、3つの建物があり、車体部門、塗装部門、最終組立てラインに分かれている。効率よく商品が出来上がるよう設計されているこの工場では、1分毎に新しいF-150が出来上がる。ここで製造されているのは、全11種類のF150モデルのうち、10種類。F150は、世界中で販売されていて、色やクッションやエンジンなど、50000万通りの組み合わせが可能だ。

「 ポルシェ パナメーラ (Porsche Panamera) 」

めったに見られないポルシェ・パナメーラの生産現場。パナメーラは、ポルシェ初の4ドアタイプで、ハイパフォーマンスなスポーツセダンだ。これまで、4ドアはおろか、4人乗りのタイプすら製造したことがなかったポルシェが、未知の領域に踏み込んだのだ。ポルシェの新しい挑戦は、成功を収めた。2010年4月、アメリカ国内におけるポルシェの販売台数でナンバーワンに輝いたのは、パナメーラだった。

「 BMW X3 (BMW X3) 」

BMWは、一番人気のモデル、X3を製造する工場を、サウスカロライナ州スパータンバーグ市に移動した。この工場では、大量の需要に応えるために、製造を50パーセント増加させ、1000人を新規で雇用。また、300台のロボットを追加購入し、工場の面積を約93000㎡広くした。環境にも配慮していて、地域のごみ処理地から発生するメタンガスを利用するエコな塗装工場まで設立。“無欠のドライビング・マシン”の舞台裏をぜひご覧あれ。

「 アストンマーティン (Aston Martin) 」

アストン・マーチンは、世界金融危機の真っただ中に、100万ポンドの新車ONE-77の生産を発表して、世界の自動車業界を驚かせた。3年以上もの間、この車のデザインや製造過程などのONE-77制作の裏側を、カメラは追い続けた。今回の「世界の巨大工場」では、ONE-77の構想から発表までの驚きの工程に密着する。“アストン・マーチンは、どうやって成功したか?経済学者たちが、世界市場が崩壊するかもしれないという問題に頭を抱えている時期に、どうすれば、100万ポンドもする自動車を販売出来たのか?ONE-77は、完成するのか?“芸術的な車”という表現にマスコミはどう反応するのか?この不景気に、これほどの高級車を購入する人はいるのか?を探る。

「 ジャガーXJ (Jaguar Xj) 」

75年に及ぶ伝統的な自動車の歴史をどうやって改善させるのか?先進の宇宙工学技術を応用して作られたジャガー独自のアルミニウムボディのおかげで、ジャガーの新型XJは、ますますパワーアップし、そしてより軽くなった。イギリスのキャッスル・ブロムウィッチにあるジャガーの巨大工場で、ジャガーの新型XJのデザインの秘密を探る。

(c)NGT and Dylan Weiss   (c)NGT   (c)Fin London Ltd   (c)Steel Spyda USA LLC / David Haynes