ザ・カリスマ ドッグトレーナー ~犬の気持ち、わかります~ 5

原題:Dog Whisperer 5

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 #1 」

将来救助犬として活躍が期待されるジャーマンシェパードの子犬、ネコとヨナ。しかし影追いゲームに夢中の2匹は訓練を放り出して遊んでばかり。一方、コッカースパニエルのジャスティスはなつかないことを理由に飼い手がない。安楽死寸前まで追い込まれていたところをチャンドラに救われたが、吠えて噛み付く、もはやただの危険な犬。もうすぐ子供が生まれる彼女は、シーザーの助けが一刻も早く必要だ。

「 #2 」

犬を専門にしてきたシーザーがオオカミ犬の専門家を迎え、初めて狼と犬を組み合わせたオオカミ犬の問題に挑む。オオカミ犬のシーバは、庭を荒らし、近所にも迷惑をかける困り者。ラムセスは、同居しているイングリッシュマスティフと仲が悪い。ソフィーは、脱走癖があり、どんなものに閉じ込められても逃げてしまう。シーザーとジェニファーは、野生魂が目覚めた三匹を無事、落ち着かせることができるだろうか?

「 #3 」

平和に暮らしていたオーストラリアンシェパードのスニッカーズが、散歩中に2匹のボクサー犬に襲われ、トラウマから攻撃性を発揮。飼い主は新たにイエローラブラドールレトリバーのトレスを仲間に加えるも、2匹は全く仲良くならない。コリーンの働く動物愛護団体では、里親募集中のモーリーが咬み癖のせいで飼い手見つからない。もはやコリーンも団体もあきらめかけている。こんな2匹をシーザーが助けることはできるか?

「 #4 」

おとなしいマンチェスターテリアのインディアが家にやってきたが、数カ月後、本性を表す。家族だけでなく訪問者にも噛みつくインディアと飼い主の友情の行方は?ローリングストーンズにちなんでジャガーワイルドと名付けられたウィートンテリア。しかし、そのやんちゃな品行を何とかしたいという飼い主。そしてビーチで散歩したい家族の夢を叶えるため、愛犬アクセルの海嫌いを克服できるか。すべてはシーザーの腕に掛かっている。

「 #5 」

自然活動家として活躍するケーシー・アンダーソンと女優の妻ミッシー・パイルは、ロットワイラーの雑種犬エリーとダルメシアンのJJが他の犬を見ると飛びかかって咬みつくことに頭を悩ませていた。熊を調教するケーシーさえもお手上げだと言う。仲間を助けるべく、シーザーが立ち上がる。そして、ビー夫妻は、生まれてくる第一子を子ども嫌いのオスカーから守るために、シーザーに助けを呼ぶ。オスカーはトラウマを抱えていた。