完璧な武器はどれだ!

原題:The Perfect Weapons

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 頭部への攻撃 (Skull Smashers) 」

戦場では、地味な武器と考えられがちな鈍器。元英国海兵隊のモンティ・ホールズと考古学者のスチュアート・プライアーが戦場で使われた鈍器の歴史とその科学を調べる。鈍器は敵にどんなダメージを与え、砕き、つぶすのだろうか。モンティはチェーンフレイル、スチュアートは戦槌を選んで、様々な標的に挑み、それぞれの鈍器の威力、正確さ、使い易さを検証する。

「 銃撃戦 (Shootout) 」

13世紀の戦場で火薬が使われ始めると、戦いの方法は様変わりした。2人の番組ホストが、3.5ポンドの大砲とケーベル銃を用意し、様々な標的を狙って、その威力と正確さを検証。豚の死骸を使った実験では、肉に対してどんな威力を発揮するのかを調べる。

「 包囲攻撃 (Siege Engines) 」

包囲攻撃の歴史は戦争の歴史と同じくらい長い。古くはアレキサンダー大王のテュロス攻囲戦、1191年のアッコン攻囲戦、現代史上で最も長い戦いとされる1992年のサラエボへの包囲攻撃などがある。投石器などの中世の飛び道具をビルめがけて使用し、その威力と精度を検証する。

「 投石と矢 (Slings and Arrows) 」

空中を飛んで遠く離れた敵を攻撃する飛び道具は、太古の昔から戦争に使われてきた。原始的な作りの投石器、弓矢、石弓から、現在オリンピックで使われる弓矢まで様々だが、飛び道具は高い殺傷力で戦いに大きな影響を与えてきた。番組では飛び道具の作り方を調べ、飛び道具が活躍した古い戦場を訪れる。

「 バトル・ブレイド (Battle Blades) 」

太古の昔から、人間は鋭い刃先の武器を使ってきた。石や鉄や鉄製のナイフで敵を倒してきたのだ。今回は元英国空軍特殊部隊員が、現在、軍隊で最もよく使用されているナイフ、ケーバーを使った実演を披露してくれる。また“切る”という行為を科学的に掘り下げ、鍛冶工がナイフを作る工程や、技術の進歩によって戦い方がどう変化したかを探る。