メーデー!:航空機事故の真実と真相

原題:Air Crash Investigation

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 機体損壊 (UNLOCKING DISASTER) 」

ユナイテッド航空811便がホノルルを離陸直後に発生した、ドアロック解除による事故。貨物室のドアが開いて吹き飛ばされたことで747の機体に巨大な穴があき、9名の乗客を含む5列分の座席が機外へと放り出される。このエピソードでは、設計上の欠陥があると知りながら修理を先延ばしにすることが、恐ろしい結果をもたらすまでの過程を調査する。

「 サンダーストーム (RACING THE STORM) 」

アメリカン航空1420便MD-82は、雷雨により2時間遅れでダラスフォートワース空港をリトルロック空港に向けて出発。アメリカン航空の運航管理者は、エアライン・スケジュールを守るため、嵐よりも先にリトルロックに着かせようと「到着を早めるよう」乗務員に告げる。飛行距離は短く、レーダーの気象データは、運航管理者が「ボウリングのレーン」と呼ぶようにはっきりとしたコリドー(ルート)を示している。そのルートを通れば1420便は目的地まで行き着けるはず―。機長のリチャード・ブッシュマンと副操縦士のマイケル・オリゲルは、嵐とのレースに打ち勝つ覚悟を決める。リトルロックから1,600キロメートル、1420便が降下するにつれ猛烈な雷雨が空港に接近、それに伴い風向きも危険なまでに定まらなくなる。果たしてレースの結果はいかに。

「 機内火災 (FIRE ON BOARD) 」

スイス航空111便のパイロットは、離陸から1時間もしないうちにコックピットで煙の臭いに気づく。ただちに、燃料を捨て着陸するための時間との競争が始まる。数分後、火災と、電気系統の機能が完全に停止したことが引き金となり、MD-11は大西洋に墜落、229名の乗客と乗務員は全員死亡。このエピソードでは火災の原因を探り、火の手が機体を激しく損傷し、瞬く間に広まった理由を問う。

「 操縦不能 (CUTTING CORNERS) 」

アラスカ航空261便がプエルトバジャルタを離陸してまもなく、飛行中に機体の角度を調整する水平安定板が誤作動を起こす。パイロットは、垂直降下する機体を必死に制御しようとするが、機体は横転し海に急降下。88名の乗客と乗務員が死亡する。このエピソードでは、整備上の過失が致命的な墜落事故につながるまでの経緯を伝える。

「 計器異常 (FLYING BLIND) 」

夜、ペルー航空603便がリマから離陸するにつれ、対気速度計と高度計が誤作動していると見た乗務員は、計器だけで飛行、惨事へと至る。一方、航空交通官制塔では、機体のコンピューターから誤った表示度数を受け取っていた。757の機体は太平洋に墜落、70名全員が死亡。このエピソードでは、コンピューターの誤作動の原因を突き止めて、その不幸な結末を明らかにする。