危険なアラスカ飛行

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

#1 「 空飛ぶ爆弾 (FatalCrash) 」

ジャック・バーバーは目で確認しながら「推測航法」で飛ぶが、110キロの燃料を積んだ飛行機は文字どおり空飛ぶ爆弾だ。またクリント・ジョンソン調査官は、アラスカの小さな地域社会を震撼させた飛行機墜落死亡事故を調査しなければならない。そして19歳のパイロット訓練生が着陸に失敗して尾翼を破損した。彼は滑走路が使えない時に、車が走っている高速道路へ思い切って着陸するよう教官から命じられ、大切なことを学ぶ。一方、オフロードカーの事故で重傷を負い麻痺の恐れもある少年が、時速800キロで飛ぶ飛行機で搬送される。しかし彼はフライト中に反応しなくなり、事態は重大な局面を迎える。

#2 「 緊急事態 (GoldRush) 」

動き、そして解ける滑走路、氷河。アラスカ辺境地を飛ぶパイロットたちは、氷河を克服し、過酷な気候の変化に耐えながらはるか遠い地にたどり着かなくてはならない。また金鉱の採掘が盛んなアラスカでは、作業員が金鉱を掘り当てるのに必要な巨大なドリルを動かすため、デイブとデビー・キングがヘリコプターを操縦する。そして1歳2ヵ月の赤ちゃんが適切な小児医療サービスのない地域で肺炎になり、リアジェットでアンカレジに搬送された。一方、マッキンリー山で一夜を明かす羽目に陥ったハイカーたち。天候が15分ごとに良くなったり悪くなったりする中で彼らを無事に救出するためには、大胆な作戦が必要だった。

#3 「 命懸けの飛行 (DeadlySkies) 」

アラスカのベテランパイロットたちは世界屈指の危険な空を飛んできたが、アリューシャン列島に到達するためには、この上なく危ない航空路をいく必要がある。彼らが飛ばなければ、村人たちは現代世界から取り残されてしまうのだ。また、ヘリコプターのパイロットが科学者の一行を乗せる。しかし持ち込まれた化石は大量で、天気は荒れ模様だ。科学者たちは化石と自分たちのどちらを運んでもらうか、選択を迫られるのか?そして、17歳の訓練生は、ライセンス取得前の最終テストとして240キロの単独飛行を成功させなければならない。彼女は苦手な着陸を成功させ、プロとして羽ばたけるか?