世界のアブナイ動物たち

原題:World's Deadliest Animals

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

第1話 「 北アメリカ (North America) 」

北アメリカは野生動物の宝庫だ。数千年前からこの大陸を歩き回っている生物たちがいる。無数の種が生息する中でエリート・グループを形成するのは12種類の生物。捕食動物としてのスキルをいくつも備えたそのグループには、獣もいれば昆虫もいるし、クモ類もいる。さあ、彼らの潜んでいる場所に踏み込んで、その勇士を目撃しよう。ペインテッド砂漠に始まり、海岸水路、深い森、果ては家の裏庭まで。私たちが暮らし、働き、遊ぶ場所でも彼らは這い回り、うごめいている。番組のクライマックスでは、大きさ・強さ・悪名ともに他を圧倒する生物が登場

第2話 「 オーストラリア (Australia) 」

閉ざされた大陸であるオーストラリアは、ここでしか見られない生物の宝庫だ。無数の種が生息する中でエリート・グループを形成するのは12種類の生物。捕食動物としてのスキルをいくつも備えたそのグループには、獣もいれば昆虫もいるし、クモ類もいる。見事に適応し、美しい外見を持った彼らは、私たちを魅了し、驚かせる。さあ、彼らの潜んでいる場所に踏み込んで、その勇士を目撃しよう。グレートバリアリーフに始まり、アウトバック、都会のジャングルまで。私たちが暮らし、働き、遊ぶ場所でも彼らは這い回り、うごめいている。番組のクライマ

第3話 「 インド (India) 」

インドは世界最古の国のひとつであり、豊かな文化が息づく地だ。数百万平方キロメートルに及ぶ国土は、6つの気候帯と10億の人口を擁している。その乾燥した砂漠、深いジャングル、岩だらけの山脈には、多くの危険な生物がいる。無数の種が生息する中でエリート・グループを形成するのは12種類の生物。捕食動物としてのスキルをいくつも備えたそのグループには、哺乳類もいれば爬虫類もいるし、クモ類もいる。見事に適応し、美しい外見を持った彼らは、私たちを魅了し、驚かせる。さあ、彼らの潜んでいる場所に踏み込んで、その勇士を目撃しよう

第4話 「 アフリカ (Africa) 」

アフリカの荒々しい大地には驚くほど多くの生物がいて、毎日のように生と死のバレエを踊っている。無数の種が生息する中でエリート・グループを形成するのは12種類の生物。捕食動物としてのスキルをいくつも備えたそのグループには、哺乳類もいれば爬虫類もいるし、クモ類もいる。さあ、彼らの潜んでいる場所に踏み込んで、その勇士を目撃しよう。乾燥した北部のサハラ砂漠に始まり、緑豊かな南部の平原、果ては巨大なナイル川まで。私たちが暮らし、働き、遊ぶ場所でも彼らは這い回り、うごめいている。番組のクライマックスでは、大きさ・強さ・