衝撃の瞬間 3

原題:Seconds from Disaster 3

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

第1話 「 コロンビア号、最後の飛行 (Columbia's Last Flight) 」

2003年2月1日、スペースシャトル“コロンビア号”が大気圏へ再突入。音速の22倍の速さで飛行するシャトルは強烈な熱さに包み込まれた。午前8時54分、左翼と左の着陸装置のゲージが異常な高温に達し、シャトルは安定感を失う。その5分後、ヒューストンにある飛行管制センターはシャトルから最後となるメッセージを受けるが、途中で切れてしまう…。

第2話 「 アルプスの大雪崩 (Alpine Tsunami) 」

1999年2月23日、絵に描いたようなオーストリアのスキーリゾート、アルプス渓谷の谷間の村ガルチュールは、たった数分でその姿を変えることに——。冬の日の午後、突然グリースコフ山の斜面を18万7000トンの雪が崩れ落ちてきた。その速さは時速418kmに達し、村のセーフ・ゾーン(安全地帯)を直撃。この雪崩で31人が死亡、多数が負傷をした。

第3話 「 高速道路への墜落 (Motorway Plane Crash) 」

1989年1月8日、短距離の定期航空便がロンドンのヒースロー空港から北アイルランドのベルファストへと向かった。ところが離陸直後、エンジンが故障、夜空を火花と炎が照らし出す。機長は近くの空港に向けて方向転換の準備を開始したのだが、コックピットでは悲劇的な事態が発生、このブリティッシュミッドランド航空092便は恐ろしい結末を迎えることになる。

第4話 「 セント・ヘレンズ山の猛威 (Mount ST.Helens Eruption) 」

1980年5月18日、北米大陸で最も活発な火山の1つセント・へレンズ山がいきなり噴火した。この記録的な噴火(降灰)により、ほんの数分間のうちに朝は夜のようになり、600平方キロに渡る土地が荒地と化し、57人が命を落とした。何年も活動していなかった火山がなぜ突然噴火したのか? なぜ科学者たちは噴火を予測できなかったのだろうか?

第7話 「 スーシティー空港への不時着 (Crash Landing at Sioux City) 」

1989年7月19日、ユナイテッド航空232便のDC10-10機が飛行中、ナンバー・ツー・テール搭載のエンジンに破壊的な不具合が生じる。テール・エンジンのファンのディスクが割れたのだ。それにより油圧パイプすべてが切断され、飛行機は操縦不能に。どうにか飛行機を地上へと向かわせるが、機体は米国アイオワ州スーシティーの滑走路へと急落し始める…。