もしものシナリオ

原題:Aftermath

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

#1 「 もしも石油がなくなったら? (World Without Oil) 」

石油は、まさに現代社会を動かす燃料だ。21世紀の世界でも自動車や飛行機や機械の燃料に使われている。もし突然石油が枯渇してしまったら、石油に頼り切っている世界はどうなってしまうのだろう? 番組では我々が見たことのない、石油のない地球をシミュレーションする。

#2 「 もしも人口が倍増したら? (Population Overload) 」

一夜にして人口が倍になったらどうなるだろう?水や燃料や食料は何日もつのだろうか?大量の移住者が州の形を変え、高層ビルが都市を覆いつくすだろう。そして限られた資源しかない地球で、一体誰が生き残るのだろう?

#3 「 もしも地球の自転が止まったら? (When The Earth Stops Spinning) 」

地球の自転が止まったら、時速1700キロのスピードで動いている地球が静止することになり、地球の半分は永久に暗く、残りの半分はずっと陽光を浴びたままの状態になる。地球の半分は海水があふれて多くの都市が水の下に沈み、残りの半分は空気のない生命の死に絶えた状態になる。

#4 「 もしも太陽が2倍になったら? (Betrayed By the Sun) 」

赤色巨星が見つめる宇宙では、自然の老化現象が加速している。太陽が刻々と老化していることを考えると、地球や我々が築いたものには、どれくらいの寿命があるだろうかと考えさせられる。太陽が10%明るくなったらどうなるのか?さらに40%明るくなったら?もし2倍の大きさになったら?赤色巨星は恐ろしい未来を見つめている。最後に我々の惑星が太陽に飲み込まれる光景だ。

(c)Quiet Planet 2 Productions Inc