世界の巨大工場2

原題:Mega Factories 2

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 ランボルギーニ(Lamborghini) 」

イタリアはボローニャの30キロ北、サンターガタ・ボロニェーゼにはランボルギーニの工場がある。
ブランド最速、350台限定のムルシエラゴSVもここで作られる。1台45万ドルのこの車は、スタートから3.2秒で時速100キロまで加速し、最高速度は時速340キロだ。エンジンからボディ、塗装から組み立てまで、ほぼすべてが手作りで、有名なシザードアの取り付けも手作業だ。全車が特注製なので1日に完成するのは2.7台だ。

「 ロールス・ロイス ファントム(Rolls Royce) 」

ファントムは1998年にロールス・ロイスがBMWの傘下に入ってから、最初に発表された車だ。
ボディを組み立て、最初のペイントまで終えると、ロールス・ロイス用の施設に送られる。1台の製造時間は平均450時間で基本価格は38万ドルだが、標準装備の長いリストがある。75平方メートルのバイエルン産の皮を使用したイス、木製の装飾などがグッドウッド工場で取り付けられ、カスタムメイド・プログラムに続く。

「 イケア(IKEA) 」

2009年現在、36ヵ国に296の店舗を持つイケア。個性的なデザインと手頃な値段が特徴で、1年に6億人がイケアの製品を買う。イケアではティースプーンから居間のデザインまで、住居全体を様々なスタイル、色、モデルでデザインし製造して提供する。扱う製品は1万アイテムに及び、54ヵ国で生産されている。ポーランドのズバツィネクには、イケアでは世界最大のウッド製品の工場があり、1年に200万個のテーブル、イス、ソファー、リクライニング・チェアを製造しているし、その近くの工場では、布や皮張りクッションが付いた家具が毎日500個生産される。南スウェーデンでは3つの優秀な工場が主力商品を作っている。アルムフルトでは全製品の試作品が作られ、先進的な大量生産方式の工場で最先端のキッチンが作られる。またクラシカルな本箱はカティルストープで作られ、多くのイケアの家具の素材となる丈夫なボードはフルツフレードで作られる。

「 アウディ(Audi) 」

ドイツのネッカースウルムにあるアウディR8の工場にカメラが潜入。優勝したR8レースカーをモデルにしたロードカーの製造に密着する。
R8はアウディが持っていたエレガントなセダンのイメージを覆す、ポルシェやランボルギーニのライバルと呼ぶにふさわしいスポーツカーだ。ルマンを制したR8レースカーの流れをくむミッドエンジン、2シーター、爆発的なパワーとスムーズな乗り心地が特徴だ。ここ数十年で同社が開発した新技術の結晶でもあり、超軽量スペースフレーム、ハイテク燃料注入装置などが導入されている。
2007年の発売以来、この車は「アイアンマン」「トランスフォーマー」「CSI:マイアミ」「セブンティーン・アゲイン」など映画やテレビにも数多く使われている。世界中のスポーツカーマニア、カメラマン、自動車業界のジャーナリストらの注目を集める車なのだ。

「 ポルシェ(Porsche) 」

ポルシェ911の組み立てラインに潜入するとともに、世界に旋風を巻き起こした1964年の発売からの歴史をたどる。
現在のポルシェ911は世界を代表するスポーツカーだ。第1台目から同じ工場で作られており、今では14種類のバリエーションがある。トップスピードが時速300キロの、ポルシェにしては控えめな911カレラから、トップスピード312キロを記録する、街を走るレースカー911GT3まで様々だ。色、スタイル、そして気難しいドライバーでさえ納得するスピードを実現するのは、ドイツのシュトゥットガルトにある究極の工場だ。

(c)NGC/Hoff Productions