史上最悪の地球の歩き方9

原題:Banged Up Abroad 12

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 クリスタル・メスで逮捕 (原題:Thai Meth Bust) 」

ロンドン郊外の郵便配達員、ジミー・ケリー。単調な毎日に嫌気が差していたところに早期退職の話が舞い込むと、彼はすぐに仕事を辞め、タイでバーを開くという夢を退職金で実現させる。それは売春やドラッグの売人、警察への賄賂に関わる世界だったが、バーの経営は軌道に乗り、彼は店を大きくしたいという新たな夢を抱く。そして店舗資金を覚醒剤"アイス"の売買で稼ごうと企てるが…。彼の夢は再びかなうのだろうか。

「 監獄島からの脱出 (原題:Greek Border Bust) 」

1969年、デビッドは親友トムと組んで大麻の密輸を生業にしていた。ある時2人はアフガニスタンで大麻を仕入れてドイツで売りさばくことを思いつき、車でヨーロッパを横断。旅を満喫し、大麻も無事に手に入れたのも束の間、ギリシャ国境で密輸がバレて捕まってしまう。島にある刑務所に入れられた2人は何とか脱獄を図るもあえなく失敗。しかし諦めることなく、綿密な計画を立てて2度目の脱獄に挑む。

「 カリブのコカイン王 (原題:Caribbean Coke King) 」

ロンドンで人材関係の職にあったマイケル・シンは、離婚をきっかけに職も失ってしまう。失意の底にいたマイケルは、偶然、旧友アンドレと再会し、カネに困っていたのと、親友のためという思いから、ドミニカのコカイン王からコカインを買い、ロンドンに密輸する話に乗ってしまう。工夫を凝らして密輸を続けるマイケルに、仲間と共に大量に密輸する計画が持ち上がる。マイケルは話に乗るのか?計画はうまくいくのだろうか。

「 メキシコの極悪刑務所 (原題:Mexican Cartel Hell) 」

メキシコと国境を接するテキサス州エルパソで育ったカルロスは、出産を控えた恋人と慎ましく暮らしていた。ところがメキシコに住む祖母を見舞った際、麻薬カルテルの一味と間違われて逮捕される。壮絶な拷問の末に入れられた刑務所はカルテルやギャングが幅を利かせる無法地帯。はじめはおびえていたカルロスだが、カルテルの大物と親しくなったことで次第に悪に魅入られ、危険な世界に足を踏み入れてしまう。

「 コカインワインの密輸 (原題:Narco Wine Bust) 」

ニックはスキー選手としてオリンピック予選の練習中、事故で将来を閉ざされる。自暴自棄になった彼は南仏に向かい、ドラッグの売人をしている知り合いから売人に誘われる。やがて彼は一大麻薬組織と知り合い、ロシア人が買ったコロンビアのコカインを、アルゼンチンで受け取る仕事を頼まれる。だが受け取るだけのはずが、密輸まで負うはめに。策を練ってアルゼンチンからヨーロッパへ密輸を行うニックに、試練が次々襲いかかる。