メーデー!番外編:惨劇の全貌

原題:Air Crash Investigation: Special Report

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 誤解の悲劇 (原題:Communication Breakdown) 」

単純な誤解が悲惨な航空機事故を引き起こすこともある。イリノイ州のクィンシー空港で起きた事故はコックピットでの些細なミスが原因だった。そしてガルーダ・インドネシア航空152便のように、小さな間違いと通常の手順ではないアプローチ、激しい煙が致命的な判断ミスを呼んでしまい、搭乗者全員の命を奪うこともある。またテネリフェ島では、誤った理解をしてしまったことが、史上最悪の死者数を出す事故を引き起こしたのである。

「 人的要因 (原題:Bad Attitude) 」

乗客は機長に命を預ける。しかし機長も人間である以上、墜落につながるような事をしないとも限らない。離陸直後に墜落したBEA548便では、調査官たちは機長に集中して起きた悲劇的な人的要因の組み合わせを解明していく。一方、ノースウエスト・エアリンク5719便の機長はあまりに闘争的で副操縦士の思考と行動を麻痺させた。さらに、トランス・コロラド航空2286便の場合、機長の隠れた欠陥が人々の命を奪った。

「 機長の活躍 (原題:Hero Pilots) 」

機長になるには何年もの訓練を要する。だがその真価を問われるのは危機に陥った時だ。ニューヨークのラ・ガーディア空港を離陸した旅客機が危機に陥った時、勇敢な機長はハドソン川に着水して難を逃れた。カナダ草原の上空を飛行中のボーイング767に危機的な故障が発生。機長は機体を巨大なグライダーのように扱うことが求められる。タカ航空110便が嵐のなかエンジンが停止、機長は民間航空の歴史に残る着陸をやりとげる。

「 操縦不能 (原題:Plane Versus Pilot) 」

時にパイロットと機体との信頼関係が壊れてしまうことがある。コックピットでは不意に人と機械が対立する場合もあるのだ。フランスが誇る航空機を見ようと航空ショーに集まった群衆が見たものは、予想外の恐ろしい災害だった。定期的な試験飛行に出た世界でも最も先進的な航空機は突如地中海に急降下してしまった。大西洋で乗客を乗せたエアバス機が消息を絶ち、調査チームは深海の捜索に2年もの時間を費やすことになった。

「 撃墜 (原題:Explosive Evidence) 」

時には民間機が偶然狙われ、罪なき人々の命が失われてしまうという悲しい出来事がある。だがそうした事件によって、紛争時の民間航空保護について多くの教訓が得られてきたのも事実だ。シナイ半島の砂漠に散乱するロシアの旅客機の焼けた残骸。そして事故後まもなくソ連当局が撃墜を認めた、韓国のジャンボ機の墜落。ウクライナ上空で旅客機が撃墜され、調査チームはここかしこで地政学上の障害に直面することになるのである。