ヒトラー・ユーゲント:ナチスの子供たち

原題:Hitler Youth

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 総統に命を捧げて 」

1920年代にナチ党と共に誕生したヒトラー・ユーゲント。党首のアドルフ・ヒトラーは1923年にクーデターに失敗するが、10年後にドイツ首相の座を手に入れる。党が力を増すにつれヒトラー・ユーゲントも他の青年団を吸収して巨大化し、ドイツの少年たちを洗脳していく。迫りくる戦争に向け、無意識的に準備を進める少年たち。指導者に命を捧げ、最後の瞬間まで総統を支えることを誓う。彼らを導いたものとは。

「 戦士の夢と現実 」

1933年にアドルフ・ヒトラーが首相に就任すると、加入は強制となる。徹底した軍事訓練と思想教育を受け、開戦時には立派な兵士へと成長する少年たち。選ばれた精鋭隊員で装甲師団が編成され、ノルマンディーへ派遣される。連合軍を相手に決死の抵抗を見せるも多くが捕虜となり、洗脳を解くための再教育を施される。数年後、祖国へ戻った少年たちは何を思い、何を感じたのか。