ジーニアス:ピカソ

原題:Genius:Picasso

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 第一話 」

アントニオ・バンデラス主演で描くパブロ・ピカソの人生。ピカソがスペインのマラガで誕生した1881年と、既に世界的な名声を確立した1937年を起点に始まる。そして1899年、青年となったピカソが初めてパリを訪れると、彼の後の人生に多大な影響を与える出会いが…。一方、名声と共に複数の愛人もいる1937年のピカソは、スペインの地方の町ゲルニカが爆撃されたのを期に、大作に取り組み始めていた…。

「 第二話 」

1940年以降ドイツ軍がフランスに侵攻。フランス各地のアトリエや別荘で過ごすピカソの生活にも様々な影響が出ていた。女性関係では、ドラ・マールとマリー=テレーズが鉢合わせする事件が起きるが、どちらとも別れられないと悟る。一方で、長らく2人から絵のインスピレーションを得ていないと、新たな刺激も望むのだった。時は遡って1900年パリ。画商のマニャックのつてで絵が売れ始めるが、求められるものを描くことに疑問を抱く。

「 第三話 」

1943年パリ。新たな刺激を求めて、フランソワーズ・ジローへの興味を示したピカソだったが、訪問を受けると冷たく追い返す。フランソワーズへの気持ちは徐々に大きくなるものの、彼女の興味が“偉大なピカソ”であることに抵抗を覚えて、素直に力を貸せないのだった。一方、1902年のパリでは、青年ピカソの元に詩人のマックス・ジャコブが訪ねてくる。互いの才能を認め合う2人の、その後40年間に及ぶ友人関係の始まりだった。

「 第四話 」

1944年パリ。マックス・ジャコブがゲシュタポに連行された。詩人のジャン・コクトーが保釈を求める嘆願書を作って署名を集めるが、ピカソは自分が関わると逆効果になると断る。またフランソワーズとの愛人関係が始まったピカソだが、ドラ・マールとも微妙な関係を続け、それがドラの心をむしばんでいく。一方1905年、詩人のアポリネールと知り合い、片思いだったフェルナンド・オリヴィエと結ばれ、絵画の新境地を開きつつあった。

「 第五話 」

1946年パリ。ケガをして入院中のフランソワーズを見舞ったピカソは、会えなかった間の寂しさを語り、関係を復活させようと説得する。だがピカソの激しい愛情表現は時に常軌を逸して見えるのだった。ピカソは若き日のパリでも、折につけ感情を爆発させていた。収集家のスタイン兄妹に紹介されたマティスに対抗心を燃やし、嫉妬心からフェルナンドをアトリエに閉じ込めて死の危険にまでさらす。だがようやく大作を仕上げるのだった。