宇宙の奇石

原題:One Strange Rock

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 息吹 (原題:Gasp) 」

私たちは生まれた時から当たり前のように呼吸をしている。多くの人が酸素はあって当然と考えているかもしれない。だが、生命が生まれ育つのに十分な量の酸素があるのは、数多い惑星の中でも地球だけだと考えられている。人間や動物が絶えず酸素を吸い、二酸化炭素を吐きながら暮らしているのに酸素がなくならないのはなぜか?大量の酸素はどこからやって来るのか?雪氷学、気候学などの専門家の解説を交えながら、その謎に迫る。

「 狂騒 (原題:Storm) 」

この美しい地球は、まさに嵐のような混沌から生まれた奇跡の星だ。いかにして宇宙に渦巻いていた塵やガスが惑星となり、現在の地球を形作ったのか。私たちの生命に欠くことのできない水はどこからもたらされたのか。各地で発見された隕石や、恐竜の絶滅を招いたとされる小惑星の衝突痕、地球の衛星・月にその答えはありそうだ。宇宙飛行士たちの証言や各方面の専門家の解説、そして驚異の映像で地球の成り立ちを明らかにする。

「 防護 (原題:Shield) 」

地球に光を与え、さまざまな生き物に活力や恵みをもたらしてくれる太陽。しかし、全てを優しく包み込むようなその姿は、太陽が見せるほんの一面に過ぎない。実際の太陽は、生物の細胞を破壊する強烈な紫外線や、惑星を死の大地へと変える粒子や高温の熱を放射している。では、なぜ地球には生命が存在できているのだろうか?今回のエピソードでは、そうした太陽の凶暴さから生命を守ってくれる地球独自のメカニズムを紹介する。

「 創始 (原題:Genesis) 」

生命誕生の謎に迫る。地球はさまざまな生き物が共生する生命豊かな星だ。この星に存在するあらゆる生命は、元をたどれば1つの共通の祖先に行き着くと考えられている。その最初の生命はどのようにして生まれたのだろうか?生命が誕生するためにはいくつかの条件が必要だと言われる。原始の地球では、それらの条件はどのようにして満たされたのだろうか?そこにはどのような偶然が作用していたのだろうか?

「 生存 (原題:Survival) 」

この美しい地球は生命にとって過酷な場所でもある。度重なる天災や大量絶滅により、これまでに誕生したほとんどの種は絶滅した。その一方で、生き延びた種は偶然の積み重ねで命をつなぎ進化している。その違いは何なのか。古生物やサンゴ、サケやカゲロウの生態を通じ、生き物の生と性のつながりを探り、人間にとって死は何を意味するのかを考える。元宇宙飛行士の証言や専門家の解説、驚異の映像で地球の真実が今、明らかに。

©National Geographic   ©BioQuest