オリジンズ:常識を変えた人類史

原題:Origins:The Journey of Humankind

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 文明の火種(原題:Spark of Civilization) 」

人類と「火」の関係性は切っても切れないものだ。火は人類に創造、破壊、そして物質を変異させる力を与えてくれた。しかし利点ばかりではなく、火は人類がどう手を尽くしても制御出来ない事柄が存在することも教えてくれた。このエピソードでは火が物理学にもたらした光と、人類がどの様にして原始生活から月への第一歩までを経た軌跡を振り返る。

「 死との駆け引き(原題:Cheating Death) 」

人類は「害虫」と「ウィルス」の超進化との過激化する闘いの真っ最中にいる。人類は有害な生命体に体を蝕まれる度に特効薬を創造し、抗ってきた。現代科学によって助けられてきた命がある中で、今我々は一度立ち止まらなければならない。過去から学び、現代の疫病に屈しないためにも。

「 貨幣のチカラ(原題:Power of Money) 」

現代社会の鍵を握っている「コミュニケーション」。電波を通し会話が出来る今、携帯電話などの端末機器を介して世界中に自分の声を届けている何億人もの人々がいる。現代に存在するコミュニケーション媒体は、遥か古代の人類が夢見た輝かしいものであろう。一体どの様にして現代人はこのような力を得たのであろうか?

「 コミュニケーションの万華鏡(原題:The Writing On The Wall) 」

歴史上で見て現代の人類はどれくらい暴力的であろうか?戦争が止むことなく続いてきたこの人類史が示すのは、「暴力」こそ我々の最大の欠点であるということか、それとも戦無しに人類は進化し得ないということなのだろうか?古代の大量虐殺から現代の戦争まで、人類の戦と平和の歴史、そして如何にして戦争が人類を次の時代を切り開いてきたかを紹介する。

「 終わりなき戦争(原題:Progress of War) 」

「富」こそが人類が想像する最大の成功であり、誰にでも共通する成功の概念である。金塊を貨幣に変えていた単純な商業から、現代の世界を股にかけた商売まで、文化の進化と共に成長し変化してきた価値の意味を解き明かす。金銭が我々を体言しているとするのならば、現代人は一体どの様に象徴化されるのであろうか?