カー・SOS 蘇れ!思い出の名車4

原題:CAR S.O.S.Ⅳ

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 ロジャー・ムーアも愛したボルボP1800(原題:Volvo P1800) 」

今回ティムたちが救出する車はボルボP1800S。1960年代のテレビシリーズ「セイント/天国野郎」でロジャー・ムーアが乗っていた、スタイリッシュなデザインが人気の一台だ。オーナーのピーターは他人の車を無料で修理するほどの車好き。しかし病に倒れ、ボルボを修復する計画が白紙になってしまった。サビだらけのボディシェルを一から組み直すファズ。一方ティムは世界にたった一台の車にしようと、銀幕の大スターを突撃する。

「 幻の美しきACアシーカ(原題:Ac Aceca) 」

今回修理するのはイギリス製のスポーツカー、ACアシーカ。その美しさにも関わらず知名度の低い隠れた名車だ。オーナーのモネは70年代初頭からこの車を大切に所有しているが、度重なる病気が原因で愛車を倉庫で朽ち果てさせる結果になってしまった。そんな父親を元気にしたいと、息子のリチャードが修理を依頼。ティムとファズの奮闘によって最高に美しく甦った愛車の姿を目の前にしたモネは…

「 日本の名車、ダットサン240Z(原題:Datsun 240z) 」

ウエスト・サセックス州で地域住民のために力を尽くしてきたポール。愛車のダットサン240Zは日本からの輸出モデルで、1970年代のアイコンとも言えるスポーツカーだが、ポールが医師として多忙な日々を送っている間にすっかり劣化してしまった。父親の献身的な活動に報いるため、ポールの家族はティムとファズに240Zの修理を依頼。最初は楽な仕事に見えたが、やがて予想を超える鉄さびの嵐が吹き荒れる。さて修理は期日に間に合うのか。

「 歴史を変えたBMW2002ターボ(原題:BMW 2002 Turbo) 」

今回の車はBMW2002ターボ。わずか1672台で生産が終了したものの、欧州初のターボ付き量産車として車の歴史を塗り替えた一台だ。そんな希少な名車を前に大興奮のティムだったが、そのボディシェルは過去最悪と言えるほど腐食が進んでいた。元の姿に復元するため溶接作業に追われるファズ。一方ティムは、歴史的価値を理由にターボの修理代を浮かせ、BMW2002ターボやM1などの幻の名車を試乗してご機嫌だ。

「 サンタが贈るレンジローバー(原題:Range Rover Vogue Se) 」

クリスマスシーズン到来!
ある男性から「夫を亡くし元気のない母に最高のプレゼントを贈りたい」という依頼を受け、ティムとファズはケンブリッジへ。そこで2人を待っていたのはレンジローバー・クラシックだ。ボディはサビだらけ、内装はボロボロ。しかも脚の悪いオーナーのためにエアサスペンションも取り付けてほしいと言う。果たして、ティムとファズはクリスマスまでに修理を終え、最高のプレゼントを届けられるだろうか?

©National Geographic ChannelsStuart/Readfern   ©National Geographic Channels/Stephen Taylor Woodrow   ©National Geographic Channels/Andy Davies   ©National Geographic Channels/Steve Bonser