旅するシェフの仰天レシピ

原題:Fearless chef

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 ボリビア:コカの葉を求めて (原題: Bolivia) 」

料理人キラン・ジェスワは世界を旅する食の冒険家。今回は南米ボリビアを訪れ、麻薬の主原料として取りざたされるコカの危険な収穫作業を体験する。コカ畑までは断崖が迫る道路を通り、収穫は急斜面での重労働。さらには運搬のために手作りされた粗末なジップラインで渓谷を渡るというのだ。地元で親しまれるコカのさまざまな用途や、種類豊富な食材に刺激を受けたキランは、旅の締めくくりにコカを使った創作料理に挑戦する。

「 中国:レンコンとコイ (原題: China) 」

今回キランが向かったのは中国北東部。冬の気温が氷点下になるこの地で、氷の下に眠る中華の伝統食材を探す。その食材とはレンコンとコイだ。レンコンの収穫では氷の浮かぶ畑に腰まで浸かり、コイの調達では1網の漁獲量でギネス記録を持つド迫力の漁を体験する。極上のレンコンとコイを使って作るのは、中華のテイストを取り入れたイタリア料理だ。果たしてキランは、中華4千年の味に慣れた現地の人々の舌を満足させられるのか?

「 エチオピア:砂漠で冷たいデザート (原題: Ethiopia) 」

今回キランが訪れるのはエチオピア北部のダナキル砂漠。ここは海抜マイナス120メートルという低地にあるため、日中の気温は摂氏50度を超える灼熱の地だ。ここに住むアファール人は塩の採掘で生計を立てている。キランはラクダのキャラバンに同行し、アファール人と共に過酷な採掘作業を体験する。そしてその塩とラクダのミルク、エチオピア名産のコーヒーを使い、砂漠では滅多に口にできない冷たいデザート作りに挑戦する。

「 ネパール:ヒマラヤで蜂蜜狩り (原題: Nepal) 」

今回、料理人キランが訪れるのは、世界の屋根ヒマラヤの丘陵地帯。ネパールのグルン族とともに世にも恐ろしい蜂蜜狩りに挑む。この地域でしか採れない蜂蜜の中でも特に貴重な"ヒマラヤハニー"は、近年世界中で人気を集めている。しかし、それを採るには切り立った崖にある巣まで縄ばしごで降り、蜂の大群と格闘しなければならない。果たしてキランは究極の蜂蜜を手に入れ、勇敢な村の男たちに蜂蜜料理を振る舞うことができるのか?

「 バングラデシュ:伝統のカワウソ漁 (原題: Bangladesh) 」

人口密度世界一と言われる国バングラデシュは食文化の密度も濃い! 今回訪れたのは淡水魚の大規模な養殖場。そこで養殖技術の驚きの進化を目の当たりにする。首都のダッカで見慣れない食材が並ぶ巨大市場を探検した後は、南部のシュンドルボン・マングローブ林へ。そこには世にも珍しいカワウソ漁を営む人々がいた。旅を通して集めた食材で作るのは、バングラデシュの伝統料理、スパイシーなカレー風炊き込みご飯「ビリヤニ」だ。