アメリカ~国立公園を巡る旅

原題:America's National Parks

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 オリンピック国立公園 」

太平洋の海岸線、うっそうと茂る温帯雨林、険しいオリンピック山脈という3つの異なるエリアを持つワシントン州のオリンピック国立公園。周囲を海に囲まれた広大な敷地にはユニークな動植物が多数存在し、1981年にはユネスコの世界遺産にも登録された。この地域固有のオリンピックマーモットや世界最大級の群れが生息するルーズベルトエルクなど、珍しい動物たちが美しい大自然の中で生きる姿を紹介する。

「 ヨセミテ国立公園 」

カリフォルニア州を縦断するシエラネバダ山脈を中心に広がるヨセミテ国立公園。ここには豊かな生態系が存在し、様々な動植物が生活している。草原で小動物を狩るボブキャットやコヨーテ、高地の岩場に巣穴を作り1年の大半を冬眠して過ごすキバラマーモット、岩壁で子育てをするワタリガラス、そのヒナを狙うハクトウワシ、世界最古の樹木と言われるジャイアントセコイアなどだ。これらの動植物が織りなす大自然の四季のドラマを描く。

「 エヴァグレーズ国立公園 」

フロリダ州南部の広大な湿原地帯、エヴァグレーズ国立公園。乾季と雨季や潮の満ち引きなどにより、さまざまに表情を変える国立公園では、貴重な生態系が保たれている。絶滅の危機にあるフロリダピューマや北アメリカで最も小さいシカであるキーオジロジカといった珍しい動物の宝庫でもある。外来種であるビルマニシキヘビの繁殖や水問題にさらされながらも、たくましく生きる動物たちのドラマをお届けする。

「 北極圏の扉 」

今回紹介するのは、アラスカ州にある「北極圏の扉国立公園」。園内に道路や歩道はなく、手つかずの大自然が残っている。そこでは動物たちが過酷な自然の中を生き抜いていた。繁殖のため争うドールシープやヘラジカのオスたち。子どもを必死に育てるハイイログマやホッキョクグマの母親。大地を遊びまわる愛らしいホッキョクジリスの子どもたち。冬には北極海が氷に閉ざされ、ホッキョクグマの天下となるのだった。

「 イエローストーン国立公園 」

世界初の国立公園であるイエローストーン国立公園。園内には多くの間欠泉や温泉があり、ダイナミックな眺望が人々を魅了する。オオカミは一度この地から姿を消したが再導入され、今ではたくましく狩りをしている。かつて激減したバイソンも数を増やし、群れを作って暮らしている。ハイイログマは、短い夏の間に栄養を蓄え、厳しい冬に備える。美しい自然の中、たくましく生きる動物たちの姿を紹介する。

©Doclights GmbHNDR/Naturfilm   ©Doclights GmbH/NDR Naturfilm   ©Doclights GmbHN/DR Naturfilm