カー・SOS 蘇れ!思い出の名車3

原題:CAR S.O.S.Ⅲ

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 幻のジャガー・Eタイプ(原題: E-Type Emergency) 」

今回、ティムとファズが向かったのはレスターシャー。学校の用務員を務めるミックは骨粗しょう症を患い、愛するジャガー・Eタイプの整備ができない。そこで家族は、この1960年代に人気を博した名車を蘇らせ、ミックを元気づけてほしいと依頼。2人は3週間で完成させると約束するも、金属加工から作業が必要と判明し、緊張が走る。ミックの車は無事復活するのか?それともティムとファズは“ジャガー”に手を噛まれてしまうのか?

「 革命児アウディUr-クワトロ(原題: Awesome Audi) 」

1980年代の登場時、モーター界をアッと言わせたアウディUr-クワトロ。その84年製をレストアするのがバリーの夢だった。ところが数年前、治癒不可能な肺がんと診断され、夢の実現が難しくなる。そこでバリーの彼女、娘、親友の3人がティムとファズの力を借りようと彼に内緒でレストアを依頼する。数週間後、さびだらけの鉄の塊からドイツが誇る名車へ蘇った車を目にして感動するバリー。彼は娘を乗せサーキットを走るのだった。

「 スターリング・モス現る(原題: Stirling Moss Sprite Special) 」

今回はモータースポーツ界の伝説、サー・スターリング・モスが登場。かつて活躍したレースカーを復活させ、世界中のレースファンへお披露目する。その車とはオースチン・ヒーレー・セブリング・スプライト。1962年に俳優のスティーブ・マックイーンもハンドルを握った車だ。ティムはオリジナルのエンジンを入手すべく北アイルランドへ向かい、ファズは部品の保全を最優先に整備に着手。果たして名車は50年ぶりに復活するのか。

「 伝説のモーガン・スリーホイラー (原題:Morgan Mayhem) 」

今回、ティムとファズはクラシックカーを蘇らせるべくノーザンバーランドはロスベリーへ。実業家であるトムは地元での慈善活動にその生涯を捧げてきたが、現在その体調は思わしくない。そんな彼が所有する1934年式で3輪のモーガンも朽ちかけている状態にあり、ティムとファズは、その修理に悪戦苦闘する。それでも何とか車は復活。さらには町の英雄に日頃の感謝を伝えようと地元の人々が集まり、サプライズを用意していた。

「 夫婦の絆 日産スカイライン (原題:Skyline Sensation) 」

カー・SOSシリーズに、ついに日本車が登場する! 今回修理するのは日産自動車のスカイラインGT-Rだ。オーナーのキムにとっては、不慮の事故で亡くした夫 マークの忘れ形見だが、仕事や子育てに追われ修理に手を付けられずにいた。キムの息子ルークからのSOSを受け、ティムとファズが出動。しかし事故車だったため、予想外の苦戦を強いられる。果たして2人は、キムに亡き夫の悲願をかなえさせてあげることができるのか?