UFO地球襲来の真実

原題:Invasion Earth

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 集団目撃 」

1978年、オーストラリア沖のバス海峡で忽然と姿を消したセスナ機。当然、捜索活動が行われたが、機体の破片など何ひとつ発見されていない。唯一残されたのは、管制官との通信記録だ。その中でパイロットは「航空機ではないものを見た」と伝えていた。その他に2008年1月のテキサス州スティーブンビルでの事件、同じ年の春にペルーのプカルパで複数の人々が謎の飛行物体を目撃した事件に密着する。

「 夜空を横切る謎の光 」

空に浮かぶ謎の光を見たとする報告は、歴史上、世界中で数多くなされてきた。今回のエピソードでは、1965年にアメリカ東部ケックスバーグで起きた未確認飛行物体の墜落事件、さらには2004年にスペインとポルトガルで報告された、夜空を横切る謎の光について取り上げる。また1960年代、戦火のベトナムで起きたUFO目撃事件にも密着。米軍のキャンプ地上空に現れた謎の光と、突然の停電の因果関係を検証する。

「 ヘリを襲う謎の飛行物体  」

1970年代にブラジルの町コラレスの住民が謎の光に襲われたというUFO襲撃事件、そして1966年にオーストラリアで起きた自動車事故と、その数日前に事故現場で目撃されたUFOとの関係を検証。さらに、アメリカのケンタッキー州で警察のヘリコプターが遭遇した事件の謎にも迫る。警官に火の玉攻撃を浴びせた不思議な光る物体の正体は何だったのか? 常識では説明のつかないこれらの事件の真相を探る。

「 政府の隠ぺい  」

アメリカのテキサス州では、炎を噴き出す巨大なひし形をした物体が出現。その目撃者が不可解で深刻な体調不良を訴える。一方、アリゾナ州では、夜空をゆったりと飛行するV字に並んだ光が多くの人々に目撃された。だが、この事件の真相について、政府が隠ぺい工作を行っていると非難の声が上がる。そしてブラジルの空ではレーダーが謎の物体を捉える。緊急出動した戦闘機はその"敵機"を迎撃できたのか。

「 日本航空機が遭遇した巨大UFO 」

1986年、アラスカ上空で日本航空のジャンボ貨物機が謎の光に遭遇し追跡される事件が発生。アンカレジに着陸後、機長らは連邦航空局から事情聴取を受ける。その時、機長は巨大な飛行物体を目撃したと証言した。その他に、1966年にオーストラリア、メルボルン近郊で数百人がUFOを目撃した事件と、2001年にペルーのチュルカナスで得体の知れない光を地元住民たちが目撃した事件に迫る。