メーデー!10:航空機事故の真実と真相

原題:Air Crash Investigation 10

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 リーブ・アリューシャン航空8便 (原題: Fight For Control) 」

1983年7月8日、リーブ・アリューシャン航空8便はアラスカ州コールドベイからワシントン州シアトルに向かっていた。しかし高度1万9,000フィートで太平洋上を飛行中、4機のエンジンのうち1機のプロペラが離脱、機体下部にあたって穴をあけた。急激な減圧と充満する濃い霧の中、パイロットたちは制御しようとするも、減速することも高度を下げることもできず、操縦桿も動かない。そのまま機体はまっすぐ外洋へと向かっていた。

「 バリュージェット航空592便 (原題: Fire In The Hold) 」

1996年5月11日、アトランタ行きのバリュージェット航空592便はマイアミ国際空港を離陸直後、謎の爆音と共に機械の故障を知らせるアラームが。電気系統のトラブルかと思われたが、事態は急激に悪化する。客室の床から出火し、機内は煙に包まれる。乗客が逃げ場を失う中、機長は空港へ引き返すことを決断する。しかし、機体は時速約800キロで急降下し、エバグレイズ湿地に墜落。乗員乗客、合わせて110人全員の命が奪われる惨事となった。

「 シンガポール航空006便 (原題: Typhoon Takeoff) 」

2000年10月31日、台風が近づく台北、中正国際空港。ロサンゼルス行きシンガポール航空006便が来襲前に離陸しようとしていた。しかし滑走を始めた006便は制御不能に陥り、激しく横揺れして衝突、大破。生存者は炎上する残骸から脱出したが、乗員乗客179人のうち83人が死亡した。平行する工事中の滑走路に無数の残骸を見た調査員は当初、強風で機体が流されたと考えるが、そこに事故機のスリップ痕を発見。重大な結論に達する。

「 シルクエアー185便 」

1997年12月19日、シルクエアー185便のボーイング社737-300型機は、インドネシアのジャカルタから航空会社の本拠地であるシンガポールに飛行中だった。しかし、高度3万5,000フィートを飛行中、急激に右方向に傾いて急降下、ジャングルを流れる川に墜落した。乗客乗員104人全員が死亡したこの事故の原因に捜査官が迫る。当初は機械的な故障が疑われたが、この事故の全貌が明らかになった時、その想像を絶する事故原因に誰もが困惑した。

「 タンス航空204便 」

2005年8月23日、ペルーのプカルパに向かっていたペルー国営のタンス航空204便が激しい嵐に遭遇。パイロットたちは雨と雹に打たれながらも滑走路を探すが墜落してしまう。機体の残骸は広範囲に散らばり、周辺の住人たちによって墜落現場から部品や記録装置などが盗まれてしまう。その結果、事故の原因を解明する重要な手掛かりが失われてしまうが、調査員たちは204便が空港まで6キロの地点で墜落した原因を明らかにしようとする。

© 2012 Cineflix