戦争を知る~ 軍隊・兵器・作戦・歴史 ~ 戦争を知る~ 軍隊・兵器・作戦・歴史 ~

ナショナル ジオグラフィック × Newsweek ナショナル ジオグラフィック × Newsweek

イラク戦争の重要な転機となった武力衝突事件「ブラックサンデー」の全貌を、ナショナル ジオグラフィックが総力を挙げて描くドラマシリーズ「ロング・ロード・ホーム」。日本での放送開始に先駆けて、イラク戦争の知られざる裏側や同ドラマについて、有識者が語るインタビューシリーズ。
モーリー・ロバートソン:北朝鮮を巡る未来を暗示する「米史上最悪の救出作戦」

2017年11月7日(火)
写真:宇田川 敦 文:西田嘉孝

モーリー・ロバートソン インタビュー

―本作、「ロング・ロード・ホーム」は、イラク戦争が泥沼化する端緒となったブラックサンデー事件が題材。イラク戦争がアメリカ社会にもたらしたのはどのような変化だったのだろうか?
アメリカのイラクへの侵攻は後に「最悪の判断」として歴史に裁かれたわけですが、ブッシュ政権がイラク侵攻を決めた当時は、多くのアメリカ人が持つ「自分たちは正しい」という信念がぐらつくギリギリのタイミングだったと思います。

今になって冷静に当時のニュースや中東情勢を振り返れば、サダム・フセインに干渉しないという選択も大いにあった。でも、当時のアメリカの世論としては9.11があったから戦うしかないと。あの頃はまだソーシャルメディアも発展していないし、セカンドオピニオンもない。そうした状況で、国民はアメリカの正義という、見たいものだけを見ていた時代だったと思うんです。

ところが、あっけなくフセイン政権が倒れてイラクを解放したと思ったら、地元の人は喜ぶどころかゲリラ戦で抵抗される。今回の「ロング・ロード・ホーム」でも描かれているように、アメリカの正義がまったく通用しない世界や、その裏側にあるリアルをアメリカ国民が突きつけられたのが、まさにイラク戦争だったのではないでしょうか。

―つまり「国民ぐるみで見たいものを見ていた時代」が終焉する契機がイラク戦争だった?
そうですね。たとえば90年代には、ニューヨークが大規模テロの標的になるといったハリウッド映画が制作され、そうした作品を人々は純粋なエンターテインメントとして楽しんでいました。ところが2001年にアメリカ同時多発テロが起きた瞬間に、そうしたフィクションがリアルに追い抜かれてしまった。

そうすると、誰もリアルにアメリカが傷つくような映画は観たくないし、ハリウッドではスーパーマンのような不死身のヒーローを描く映画がどんどん増えていく。そうしたなかで、アメリカ人がある種の“癒やし”を得たのがドラマシリーズの「24」でした。

「24」では黒人大統領が登場し、テロリストに射殺されてしまう。敵の視点からの描写があったり、そうした非常事態にアメリカはどうなるのかを垣間見せたり。いわば、従来はタブーだった「アメリカ人が見たくない真実をフィクションの形で伝える」という、新しいドラマのジャンルを確立した。そして多くのアメリカ人は「24」を観て、痛みを感じながらも同時に“癒やし”を得ていたのだと思うんです。

モーリー・ロバートソン インタビュー

自分のイラク戦争の歴史観が書き変わった
―「見たくない真実をフィクションの形で伝える」という点では、今作「ロング・ロード・ホーム」も共通している?
ええ、「ロング・ロード・ホーム」も同じで、「24」でFOXが確立させた「見たくない真実をフィクションで伝える」という新たなジャンルのドラマシリーズだと思います。静かに迫りくるリアルな戦争が、フィクションとはいえ丸裸のように描かれている。

当時のCNNなどの映像では絶対に見られないような「本当の戦地から見る戦争」。アメリカの若い兵士や現地の少年兵が、なぜ戦争に巻き込まれているのかもよくわからないまま無意味に死んでいく。そうした戦争のロマンに対するネタバレ的なところもあって、当時このドラマシリーズを放送していたら、アメリカ国民の誰もがイラク戦争に反対したのではないかとすら思う。

それくらいにリアルな戦争が淡々と描かれているんだけれど、ドラマとしても面白い。これまでに見たことがない視点だから、まだ3話しか観ていないのに、すでに自分のなかにあったイラク戦争の歴史が書き換わっています(笑)

―現在、緊迫する北朝鮮問題に直面する日本人にとっても、イラク戦争から学ぶべきことは数多い。日本の視聴者が今「ロング・ロード・ホーム」を観る意義は?
アメリカがナイーブに見たいものを見ていた時代と同じように、今の日本の人たちも見たいものをだけを見ているように思います。憲法9条があるから戦争には巻き込まれない、北朝鮮とはなんだかんだ言って対話で解決できる。いざとなればアメリカがどうにかしてくれるだろう、と。

とはいえ、もし金正恩体制が倒れたとしても、その後にはイラク戦争後の中東のような、もしかするとさらに酷い状況が待っている可能性だってある。でも、アメリカと同じで日本でもメディアは国民が見たくないものは報道しないんです。北朝鮮のミサイルだったりシリアの人質事件だったり、それぞれの事象は報道するけれど、実際に戦争になったらどうなるのかといったシミュレーションは決してテレビや新聞などのメディアで伝えませんよね。

だからこそ、「ロング・ロード・ホーム」のようなフィクションを通じて、汚れた未来もあり得るということを知るのはとても大切だと思います。北朝鮮からミサイルが飛んできて、日本のなかでも多くの人が今、より強く平和を信じるだけではもはや通用しないということを感じているかもしれない。

そこで、イラク戦争の前触れや、混乱のなかでアメリカがどのような決定をしたのか、その結果として戦場では何が起きていたのかといったことを知っておく。戦争という言葉を口にするだけでも嫌だという人でも、ドラマや映画などのフィクションなら共感できたり、感動できたりもしますからね。

これからの日本が歩む未来についての、多少の暗示や寓話として「ロング・ロード・ホーム」を観る意義は大きいと思います。

プロフィール

モーリー・ロバートソン

モーリー・ロバートソン
日米双方の教育を受けた後、1981年に東京大学に現役合格。
1988年ハーバード大学を卒業。
国際ジャーナリストからミュージシャンまで、幅広い分野で活躍中。


■作品紹介
イラク戦争の重要な転機となった武力衝突事件「ブラックサンデー」。日本ではあまり知られていないその実際の出来事を、ナショナル ジオグラフィックが総力を挙げて克明に描いた全8話のドラマシリーズが、この『ロング・ロード・ホーム』だ。その時、イラクの最前線で何が起きていたのか。死の恐怖と直面した兵士たちは何を思い、行動したのか。観る者の胸を揺さぶる感動と緊迫の戦争ドラマ大作だ。

「戦争を知るTOP」へ戻る