ピックアップ特集!驚くべき地球上の生きものたち

ココリコ田中の生きものこれ知ってた?

第1回ビワアンコウの生殖戦略

ビワアンコウのメス。

ビワアンコウのメス。
(『究極の動物カウントダウン / #7 交尾』より)

皆さんは「ビワアンコウ」という魚をご存知ですか?
チョウチンアンコウの仲間であるビワアンコウは水深400m~200mの深海で暮らしています。楽器の琵琶に似ているところから、この名前が付けられました。

メスは最大で120cm程になるそうですが、オスはわずか数cm。最大でも15cm程にしかなりません。

このビワアンコウがとにかく凄いんです。何が凄いかというと、この小さなオスはメスを見つけるとメスの体に噛みつき、なんと同化してしまうのです。

左側の小さな方がオス。メスの10分の1の大きさ。

左側の小さな方がオス。メスの10分の1の大きさ。
(『究極の動物カウントダウン / #7 交尾』より)

生きものたちにとって、エサの少ない深海で同じ仲間に出会うのはそう簡単な事ではありません。生きものたちは、子孫を残す事を大前提に生きています。ビワアンコウのオスも仮にメスに出会ったとしても、この先、いつまた出会えるかはわかりません。そこでオスは「このチャンスを逃してなるものか!!」と言わんばかりにメスに噛みつくのです。

すると不思議なことに、噛みついたオスは口元からメスの体に融合し同化していくのです。やがて、目や脳などさまざまな器官が退化し、栄養分は繋がったメスの血管からもらい、メスが卵を産むタイミングでサインが送られ、オスは放精するのです。

食いついたオスの顎はメスの皮膚に溶け込み、内臓は消え失せ、血流も一体化します。

食いついたオスの顎はメスの皮膚に溶け込み、内臓は消え失せ、血流も一体化します。
(『究極の動物カウントダウン / #7 交尾』より)

凄い生き方だと思いませんか?
オスはメスと一体化し、メスに一生を委ねるのです。メスに食べさせてもらい、自分の意志は無く、メスに依存しないと生きていけません。「究極のヒモ」なんて言われることもしばしば。しかし、これがオスの生殖戦略なのです。

近所の魚に、「あそこのオスはメスと同化して、全然働かないでいつも食べさせてもらってるのよ。」と陰口を叩かれることもあるでしょう。オスだって亭主関白を気取りたい日だってあるかもしれません。しかし、子孫を残すということに、これ程までに特化したビワアンコウのオスの生き方が僕は大好きです。

恐怖!ナショジオの番組『究極の動物カウントダウン / #7 交尾』で第8位にランクインした、ビワアンコウの生殖戦略映像。

手書きのコラム原稿公開中!

もっと知りたい?ナショジオおすすめの番組

image

究極の動物カウントダウン

凶器を持つ動物、猛毒を持つ動物、悪臭を放つ動物など、各テーマで分析する究 極のベスト10! 全10話中の「交尾」エピソードではコラムのビワアンコウを紹介!

image

世界の奇妙な動物の体

厳しい環境で生き残るため、子孫を残すため、様々な理由で独特の進化を遂げた 動物の奇妙な身体の一部を紹介。ナメクジの生殖活動がオススメ!?

ココリコ田中の生きものこれ知ってた?

  • NEW image

    第8回 男でも惚れるイケメン動物ランキング

    今回のテーマでは、見た目の格好良さは勿論のこと、内面(生態)をしっかり考慮して選んでみたいと思います。

  • image

    第7回 上司にしたい生きものランキング

    今回からはランキングをベスト3方式で発表!記念すべき初回のテーマは「上司にしたい生きものランキング」です。数多くいる生きものの中からベスト3を選ぶのは非常に難しいのですが、私なりのベスト3を発表させて頂きます。

  • image

    第6回 シロワニの厳しき世界

    自然界は強い者だけが生き残る事の出来る弱肉強食の世界です。多くの生き物たちにはひと度産まれた時から、この熾烈な闘いが始まるのです。しかし、そんな生きる為の闘いを産まれる前から繰り広げている生きものがいます。それは、シロワニというサメの仲間です。

  • image

    第5回 ハイエナの誤解

    皆さんはハイエナにどの様なイメージを持っていますか?
    ハイエナといえば、「獲物を横取りする。」「死肉を漁る。」「骨までしゃぶりつくす。」といった、悪者でダーティーなイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?しかし、実際のハイエナは全てそうではありません。

  • image

    第4回 コウテイペンギンの子育て

    南極大陸に生息するコウテイペンギン。ペンギンの中で最も大きく、全長は130cmにもなるそうです。夏は海で生活し、南極の秋になると産卵に向けて海から上がり、50km以上も氷の大陸を渡り歩き、集団で繁殖地を目指します。これほど遠く離れるのは、海岸近くの天敵から身を守る為と考えられています。

  • image

    第3回 速く走るために

    陸上の生き物の中で最も速く走ることが出来るチーター。そのスピードは時速約110Kmにもなり、走り出してたった2秒で約72Kmまでスピードを上げることが出来るそうです。

  • image

    第2回 パンダの選んだ道

    ジャイアントパンダは子供から大人まで、誰からも愛される人気者です。ヒグマやホッキョクグマと同じクマの仲間で、中国の四川省や陝西省の高い山の竹林に住んでいます。野生下では1600頭ほどしかいないといわれ、絶滅危惧種に指定されています。