イタチザメ 知られざる夜の素顔

原題:Tiger Shark Terror

番組内容

人を襲うことでも知られ、ダイバーたちから恐れられるイタチザメ。このサメは、日が沈むとさらに凶暴性を増し、積極的に狩りを行うと言う。その真偽を確かめるべく、バハマ諸島のタイガー・ビーチを舞台に、2人の男が危険な夜の調査に挑む。イタチザメは一体、夜どこで何をしているのだろうか。最新のカメラシステムによって捉えられた貴重な映像を交え、いまだ謎の多いイタチザメの夜の生態にフォーカスする。

動物トリビア
不意打ちが得意なイタチザメ
イタチザメの瞬間速度は秒速9メートル。それを活かして、獲物を見つけた時には気づかれない様に忍び寄る、不意打ちが得意なのだ。食べる物に関しては選りすぐりせずに、ほとんど何でも食べるので恐れられるべきハンターだ。ちなみにイタチザメが人を襲う数はホホジロザメに次いで2位である。

ロレンチーニ器官
イタチザメの頭と鼻には電気センサーが分布している。これは“ロレンチーニ器官”と呼ばれていて、獲物が発する微弱な電流を感知するのだ。意外にもロレンチーニ器官を人に触られるのは嫌ではないらしく、撮影クルーに撫でられて落ち着いているイタチザメの姿は少し可愛らしい。

■60分