マーズ 火星移住計画

原題:Mars

番組内容

それは凶星か、人類の新天地か

待望の「マーズ 火星移住計画 吹替版」が登場!


マーズ 火星移住計画 予告編


クリエーターズ・ファイル x マーズ 火星移住計画 予告篇


マーズ 火星移住計画 プロローグ
2016年、ハナと双子の姉のジュンは母と3人で引っ越しをした。新たに暮らすことになった家の屋根裏で、姉妹は古い無線機と説明書を見つける。ハナは説明書にメモされたコールサインを呼び、その相手と交信しようと奮闘。やがて無線に詳しい老人と知り合い、助けを借りるようになる。一方、転入した学校で、ジュンには新しい友人ができる。だが無線に夢中のハナは同級生から笑い者にされ、姉妹の間に小さな溝ができてしまう。

アカデミー賞&エミー賞受賞の監督 ロン・ハワード(『アポロ13』、『ビューティフル・マインド』)と映画プロデューサー ブライアン・グレイザー(『ビューティフル・マインド』、『24』)が製作総指揮を務め、ハリウッドの豪華メンバーによって制作された「マーズ 火星移住計画」は、映画のようなスケールで近未来を描くドラマと、現代の宇宙科学の開発現場を捉えたドキュメンタリーが融合した、今までにないドキュメンタリードラマ作品となっている。

本作は西暦2033年の世界を舞台に、宇宙船“ダイダロス”に乗り込んだ宇宙飛行士たちの“人類初の火星有人ミッション”の様子を全6話で描く。“ダイダロス”に乗り込むのは、世界から厳選された6人の個性豊かな宇宙飛行士たち。アメリカ人のコマンダ―や、地球科学者、医学のスペシャリストや生化学者達が火星に飛び立ち、人類定住の地を開拓するという壮大な物語が語られている。6人の宇宙飛行士のほかにも、地球から宇宙飛行士をサポートする専門スタッフなど個性豊かなキャラクター達が登場。宇宙飛行士たちが火星に到達するまでの様子、火星でのミッションの模様、予想もしないトラブルの発生など、宇宙を舞台としたドラマならではのストーリー展開はもちろんのこと、彼らが宇宙飛行士を目指した理由や個々のバックグラウンド、火星という特殊な環境での人間模様なども綴られる。

さらに本作は、2033年という近未来を描いたドラマ部分に加えて、専門家たちのインタビューや現代の宇宙開発に迫るドキュメンタリーも含んだ構成になっており、今までにない斬新な表現手法に挑んでいる。ロン・ハワードとブライアン・グレイザー率いるイマジン・エンターテイメント、数多のアカデミー賞受賞作品を手がけてきたラディカル・メディア、そしてナショナル ジオグラフィックの3社がタッグを組むことで、映画さながらのスケール感あふれるドラマと、現代社会で進められているリアルな開発の様子を捉えたドキュメンタリーが融合し、革新的な映像表現を実現した。