潜入!日産GTR 誕生の裏側

原題:Inside: Supercar

番組内容

東京モーターショー2007で華々しい世界デビューを果たした日産GT-R。この番組は、日本企業を救った経営者カルロス・ゴーンが、1960年代から80年代に一世風靡した往年のスポーツカーを、斬新なデザインと最先端テクノロジーで復活させた誕生秘話。世界が注目するカリスマ経営者の素顔をはじめ、デビューまでの5年間の道のりに密着したスペシャル潜入ドキュメンタリーである。

カルロス・ゴーンが求める最高傑作に要求されたさまざまなポイント。それらをひとつずつ達成していった開発の舞台裏を、マンガの挿絵を織り交ぜながらじっくり見ていこう。GT-RのDNAを生かした世界に通用する新デザイン、ポルシェに匹敵するスピードの追求、一般消費者向けの販売価格、さらには、最大限の効果をうみだす大胆なPRやマーケティングの誕生まで、まさにGT-R開発の全貌を目撃する。車体公開の前にプレイステーションのゲーム「グランツーリスモ4」でバーチャル披露するという新発想や、コミックマンガにカルロス・ゴーン自身もキャラクターとなりGT-Rとともに登場するなどユニークなマーケティングが生み出された会議室にもカメラは入っていく。
中でも、ポルシェとGT-Rの比較テストで助手席に乗ったカルロス・ゴーンの姿は必見だ。