黙示録:ヒトラーの台頭

原題:Apocalypse: The Rise of Hitler

番組内容

世界を震え上がらせた独裁者誕生の背景と、恐るべきナチスの躍進を追う。

アドルフ・ヒトラーは1924年にこう記している――『唯一の強い人種が、他の弱い人種を排斥することになるだろう』。彼がドイツ国家を率いる総統になることなど、誰も予想していなかったに違いない。夢破れた芸術家であり孤独を好んだヒトラーは、1914年~1918年の第一次世界大戦中に塹壕の中で、“ドイツを救う”という自分の使命に気づくことになる。ただ当初の彼は、多くのドイツ人にとって、政治の末端で活動する風変わりな考えを信じ込んだ人物にしか過ぎなかった。転機となったのは、1929年の世界恐慌である。大混乱と赤軍に対する恐怖から、人々はこぞってヒトラーが率いるナチスに投票した。始まったばかりの民主主義は危機に陥り、それを救える人はいなかった。ドイツは急速に、ナチスによる冷酷な独裁政治の支配下におかれていく。そしてヒトラーは平和を望んでいると言う一方で、着々と戦争の準備を始める…黙示録へと突き進んでいくのである。

■60分x全2話