日本軍の極秘潜水艦

原題:Japan's Secret Weapon

番組内容

第二次世界大戦下、日本軍最大の秘密兵器と言われたのが、潜特型潜水艦だ。

この艦は爆撃機を輸送してアメリカの大都市に数百キロまで接近すべく設計され、大戦の勝敗の行方を簡単に変えることすらできたと言われる優秀な空母だった。

番組では現代テクノロジーを駆使して、海に沈んだ空母I-400を調べるとともに、記録映像でその脅威の姿を紹介する。

この空母は当時としては並外れて大きく、1960年代までに製造された潜水艦より25%も長かった。また燃料補給なしに地球を1周半航行することができ、これはアメリカの潜水艦の2倍の走行距離だった。さらに突出していたのが戦闘能力だ。この空母は潜水艦の常識を破り、3機の特殊攻撃機を搭載することができたのだ。