グレート・ヒューマン~人類をたどる旅

原題:The Great Human Race

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 第一歩 (原題:Dawn) 」

人類の進化を追う旅の出発点は、東アフリカのサバンナ。今からおよそ250万年前、ここで人類の祖先であるホモ・ハビリスが誕生した。現代人に比べてはるかに小柄だったホモ・ハビリスは、肉食獣に狙われやすい存在だった。狩りの道具や火を起こす術を持たなかった彼らは、どのようにして天敵から逃れ、何を食べて生き延びてきたのだろうか。また、どうやって水を手に入れていたのだろう。当時の暮らしをビルとキャットが追体験する。

「 火との出会い (原題:Fire) 」

初期人類は火を利用することを覚え、飛躍的な進化を遂げた。火を手に入れた人類の祖先は、その火で暖を取り、獲物の肉を焼き、夜中に忍び寄る肉食獣から身を守った。今回のエピソードでは、ビルとキャットがアフリカのウガンダを旅しながら、火を起こす方法を見いだした原人、ホモ・エレクトスの足跡をたどる。野生動物に囲まれた草原での暮らしでは、いかに火が貴重なものであったか、映像を通して知ることができるだろう。

「 狩りの技術 (原題:Hunt) 」

約20万年前にアフリカのエチオピアに出現したホモ・サピエンスの暮らしを再現。槍を手に獲物を追うが、木の先端を削っただけの槍では思うように狩りができない。そこで武器を改良するために資源の豊富な高地を目指す。彼らは火を起こす技術を身につけてはいたものの、気温が低く酸素の薄い山中の環境は、想像以上に過酷なものだった。初期のホモ・サピエンスの足跡をたどるビルとキャットは、武器を進化させ、より大きな獲物を狙う。

「 水を求めて (原題:Thirst) 」

初期のホモ・サピエンスの足取りをたどるビルとキャットは、エジプトを出てアラビア半島へ。モンスーンが豊かな水をもたらすオマーンの海岸を目指して、酷暑のアラビア砂漠を横断する。途中2人が口にできるのは、トカゲやサソリなどの小動物とわずかな水だけ。過酷な環境を生き抜くには先人の知恵を借りるしかない。果たして2人は空腹と脱水症状に打ち勝ち、海岸までたどり着くことができるのか。

「 大海原へ (原題:Adrift) 」

今から約4万5千年前、人口が爆発的に増加し、ホモ・サピエンスは食料不足という事態に直面する。動植物が再生する速度をはるかに上回る勢いで人類がこれらを消費したのが、その理由だ。これまで陸を歩いて移動してきた私たちの祖先は、ここで初めて水上を移動することを決断する。今回、旅の出発地点となるのはトルコ東部の沼地。ビルとキャットは舟造りに挑み、資源の豊富な新天地を目指す。果たして彼らを待ち受ける試練とは?