カー・SOS 蘇れ!思い出の名車

原題:Car SOS

※実際に放送される順番とは異なる場合がございます。また、全てのエピソードが放送されない場合がございます。
放送日時に関しましては、番組表及び、番組ページ放送予定欄をご確認ください。

「 コスワースの危機 」

メカニックのティムとファズはクラシックカー、フォード・シエラRSコスワースの救出に呼ばれる。持ち主の兄弟が事故に巻き込まれて以来、ガレージでさび付いていた車だ。時間との闘いのなか、彼らはオーバーホールを実施。コスワース製エンジンの代替品を搭載することも試みる。任務を完遂し、持ち主に車を返却するまでの期間は3週間。果たして道路を走る車を届けることができるのか?それとも鉄クズを届けることになるのか?

「 ビートル・マニア 」

ティムとファズは、ビートルを修復するためにサウサンプトンに向かう。車は原形をとどめてはいるものの、大規模な修理が必要と判明。ひどくさび付き、多数のパネルを交換しなければならなかった。更に、ヘッドライトとレトロなバンパーを施し、新しい姿に仕立てることに。ところが、細部においてティムとファズの意見が衝突。車を再生すべくグラフィックアーティストが呼ばれ、斬新な塗装を再現しようとするのだが…。

「 フェニックス・ジープ 」

今回の依頼は放火により無残に破損したジープ!ティムとファズは、ジープを復元し、放火のトラウマを抱える持ち主の傷ついた心をいやすべく招集される。状態が非常に悪く、新しいパーツが大量に必要だった。しかしティムは劣化したパネルには手を付けず、ジープの歴史を保つべきだと言い張る。持ち主は全てにおいて完璧を求め、二人はプレッシャーにさらされる。その上、戦争映画の小道具として使用されるという。かなりハードルの高い仕事になりそうだ!

「 フィアットの失策 」

背骨を折る事故に遭ったジェレミーのためにティムとファズが呼ばれる。彼らはジェレミーが所有するフィアット850スパイダーの修復を引き受けることになるが、イギリスでは希少な車種のこの車。スペアパーツは入手困難だった。そこでティムはイタリアへの出張を敢行。車が完成を迎え、ティムとファズはジェレミーを高級ホテルに誘い、見違えたスポーツカーを披露する。果たしてジェレミーの気を晴らすことはできるのだろうか?

「 フォード・マニア 」

今回はボーンマスを訪れ、フォード・アングリアに取りつかれた重症な一家に出会う。ハッチンス=クラーク家の人々はフォード・アングリアに目が無く、依頼人のジェームズを除く誰もが1台は所有していた。ジェームズのアングリアはパーツが欠如しており廃車状態。ティムとファズはこの哀れな車の修復に挑む。3週間後、ファズの理想通りに仕上がりアングリアにほれ込んでしまう。持ち主に返す名残惜しい時が訪れる。

©Renegade Pictures   ©National Geographic Channels/Ross Lowe