宇宙を知る~誕生から滅亡まで~ 宇宙を知る~誕生から滅亡まで~

子どもたちの疑問を専門家に聞いて知る 子どもたちの疑問を専門家に聞いて知る

2014年~2015年に全国17都道府県の小学校で実施したナショジオ授業「宇宙と未来」にて集まった質問に、山崎直子宇宙飛行士やJAXA職員の方々が答えました。

山崎直子

宇宙飛行士
山崎直子(やまざきなおこ)

1999年に国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士候補者に選ばれ、2001年に認定。2004年にソユーズ宇宙船運航技術者、2006年にスペースシャトル搭乗運用技術者の資格を取得。2010年4月、スペースシャトル・ディスカバリー号で宇宙へ。ISS組立補給ミッションSTS-131に従事した。2011年8月にJAXAを退職。現在は、内閣府宇宙政策委員会委員、日本宇宙少年団(YAC)アドバイザー、千葉市科学アドバイザー、などをつとめる。
木場田繁

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA) 広報部特任担当
木場田繁(こばたしげる)

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA)
広報部特任担当
木場田繁(こばたしげる)

日本国有鉄道(国鉄)を経て、1985年(昭和60年)以降、旧宇宙開発事業団(NASDA)から現在の宇宙航空研究開発機構(JAXA)において、主として国際協力業務や種子島からのロケット打上げ業務に従事。
米国航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)との国際協力事業調整業務や、諸外国の宇宙開発動向調査研究業務に従事。特に米国スペースシャトルでの毛利、向井及び若田宇宙飛行士打上げでは、現地フロリダ州ケネディ宇宙センター等でNASAとの調整業務に従事。種子島宇宙センターにおいて、ロケット打上げ作業の品質管理や安全管理作業に従事。
現在、JAXA広報部においてJAXA宇宙活動の普及啓発活動に従事。
松本勇

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA) 広報部特任担当
松本勇(まつもといさむ)

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA)
広報部特任担当
松本勇(まつもといさむ)

JAXA広報部 特任担当役(JAXA筑波宇宙センター週3日勤務)
國學院大學(文学部)卒業
卒業後 予備校勤務、一般企業勤務
昭和59年8月よりJAXAの前身宇宙開発事業団(NASDA)に勤務
茨城県から委嘱で茨城プロデュースアドバイザー 平成15年10月―平成25年10月
広報的企画アドバイスなど担当
三輪田真

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA) チーフエンジニア室
三輪田真(みわだまこと)

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA)
チーフエンジニア室
三輪田真(みわだまこと)

東京大学工学部航空学科(宇宙工学専修)卒業後、1977年 宇宙開発事業団入社。1987年 米国スタンフォード大学航空宇宙工学科 修士課程修了。
ロケット開発、人工衛星開発、宇宙ステーション利用の各分野で主に開発プロジェクトに従事。宇宙飛行士関連の業務にも携わる。その後2005年より産学官連携部で宇宙技術を応用した新規ビジネス開拓を担当、さらに2010年より広報部で報道対応の責任者を務める。こららの業務の傍ら、小中学校や企業などでの講演も多数行っている。
2013年4月より JAXAチーフエンジニア室 において、ロケット開発プロジェクトの評価を行う業務に従事している。
大嶋龍男

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA) 広報部特任担当
大嶋龍男(おおしまたつお)

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA)
広報部特任担当
大嶋龍男(おおしまたつお)

昭和51年(1976年)4月宇宙開発事業団(当時)に入社。入社当初より、ロケットの打上げ関連業務を中心に行う。打上げ時にロケットを追尾する設備の運用計画及び実運用、H-Ⅱロケット及び技術試験衛星の開発に関する計画管理業務、打上設備の設計業務及び打上設備・運用に関する評価業務等を行う。打上げ関連業務以外では、平成10~11年は、地球観測センター管理課で地球観測業務を行う。平成17年10月~21年12月まで、広報部報道グループ業務(報道グループ長)として、メディア対応を行う。
平成22年1月~24年筑波宇宙センターで、センター全体の管理業務及び報道・広報業務を行う。種子島宇宙センター勤務(3回、合計7年間)及び小笠原追跡所勤務(1回、2年間)を経験。
現在、NPO法人 宇宙アドバイザー協会の副代表理事。
高橋伸宏

JAXA有人宇宙技術部門 事業推進部主任
高橋伸宏(たかはしのぶひろ)

早稲田大学・大学院修士課程終了後、1998年NASDA(現JAXA)入社。
「おりひめ・ひこぼし」(ETS-VII)「マイクロラブサット1号機」(μ-LabSat)などの衛星開発・運用に携わる。2005年に「きらり」(OICETS)を打ち上げるためにバイコヌール宇宙基地に滞在。
その後、経営企画部で将来の宇宙航空計画検討に携わる。システムズエンジニアリング推進室にて宇宙船の検討等を実施し、有志でJAXA書籍「日本の宇宙探検」を編集。
現在、有人宇宙技術部門にて事業計画や評価等を担当。
春山純一

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所 助教
春山純一(はるやま じゅんいち)

宇宙飛行士宇宙航空研究開発機構(JAXA)
宇宙科学研究所 助教
春山純一(はるやま じゅんいち)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の一部門である宇宙科学研究所(宇宙研:ISAS)で月惑星科学研究・月惑星探査プロジェクトに携わる。特に月探査SELENE(かぐや)計画ではカメラ観測機器のとりまとめ。宇宙研他、ヨーロッパ宇宙機関の探査計画にも携わる他、月惑星の縦孔・地下空洞探査(UZUME)計画の立ち上げなども中心的に行っている。

【現在の職務】
独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 助教 (本務)
公立大学法人 会津大学 大学院コンピュータ理工学研究科 特任上席准教授 (兼務)
国立大学法人 熊本大学 客員准教授 (兼務)
  • LINEで送る
  • 宇宙について
  • 地球について
  • JAXAについて
Q.宇宙食を食べた後、1つだとお腹がすいていると思わないんですか?
A.

1つで足りなければ、2つたべたりします。あとはスナックを食べたり。

山崎直子

山崎直子

Q.宇宙で困ったことはありますか?
A.

宇宙ではお風呂が使えないので、ウェットタオルで拭くだけなので、ちょっと気になります。
あとは実験が忙しいので、もう少しゆっくり地球を眺めたかったなと。

山崎直子

山崎直子

Q.夜は何時に寝るのですか?
A.

宇宙でも1日24時間で生活しており、朝は6時に起きて夜10時に寝ます。ISSが地球を90分で1周するので、宇宙では太陽に照らされている時間と影になって暗い時間が、45分ごとに繰り返しやってきます。

山崎直子

山崎直子

Q.宇宙で酔ったりしないのですか?
A.

宇宙酔いはありますよ。10人中6~7人くらいかかったりしますね。車酔いなどの乗り物酔いとはちょっと違っていて、行くまで自分が宇宙酔いにかかるか分かりません。

山崎直子

山崎直子

Q.宇宙食は美味しいですか?
A.

美味しいですよ。フリーズドライもお湯を加えて温かいものが食べられます。宇宙では味覚が鈍くなるため、宇宙食は少し濃い味で作られています。

山崎直子

山崎直子

Q.月から太陽の距離はどのくらい?
A.

光のスピードで8分20秒かかる距離です。

山崎直子

山崎直子

Q.宇宙では暑さや寒さは感じますか?
A.

宇宙ではエアコンで温度管理をしています。およそ20度に保たれています。ただ、陽が当たっていると外は150度、日陰でマイナス120度なので、外の気温の影響は多少受け、少し暖かかったり、少し寒かったりします。

山崎直子

山崎直子

Q.宇宙からオーロラはどういう風に見えますか?
A.

宇宙からだと、地球の表面を覆うように見えます。

高橋伸宏

高橋伸宏

Q.月のでこぼこが衝突と間違えられた理由は?
A.

昔は月に行ったことがなかったから、地球の例から原因を考えだしたため。(でこぼこは火山の噴火後に似ていた)
だけど、アポロ11号が月に行って、証拠を持ち帰ってきて、原因は隕石だったと判明。(月の性質ではなかった)

高橋伸宏

高橋伸宏

Q.月にある氷は、何億年後に溶けるんですか?
A.

長い目で見ると、太陽は膨らんでいるんです。50億年後には、太陽が地球を飲み込んでしまうと言われているんですよ。なので、1億年後くらいには、地球も月も水が蒸発してしまうと考えられています。

山崎直子

山崎直子

Q.星はどこにあるんですか?
A.

遠いところにある星と、近くにある星といろいろあります。一番遠いところにある星は、100億光年、一番近い星でも、4光年離れています。ということは、一番近くにある星でも、4年前の姿を見ているという事なんです。私たちが見ている太陽も、今から8分20秒前の姿を見ているんですよ。

山崎直子

山崎直子

Q.星はどんな形をしているんですか?
A.

星は、丸い形をしています。丸が、宇宙の中では一番安定する形なんです。小惑星なんかは、ごつごつしているのもありますね。

山崎直子

山崎直子

Q.月は丸いのに、どうして平らに見えるんですか?
A.

サッカーボールも、一つの方向から見ると平面に見えるのと一緒です。月もいろんな角度から見ると、立体に見えますよ。

山崎直子

山崎直子

Q.月はデコボコなのに、どうして満月の時はつるっとして見えるの?
A.

満月は明るいので、地球からは平らでつるっとして見えるんです。

山崎直子

山崎直子

Q.星は全部でいくつあるんですか?
A.

星を数えたことがないので、正確な数は分からないですが、私たちのいる銀河系だけで、2000億個の星があります。さらに、宇宙には7兆個の銀河系があると考えられています。という事は、単純に考えても2000億個×7兆個=すごい数ですね。

山崎直子

山崎直子

Q.太陽は何度?
A.

表面温度は6000度 中心は100万度

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.太陽がなくなることはある?
A.

あと50億年は燃え続ける。それ以降は燃えるものがないとされているからわからない

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.秋だけ星が大三角形にならないのはなぜ?
A.

銀河系の位置関係か?偶然の産物、ただそれだけ。ただし何万年後かには変わっているかもしれない!

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.どこから宇宙と呼ぶのですか?
A.

定義はいくつかあるんですが、大気がなくなるところという場合と、重力がなくなるところからなどがあります。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.はくちょう座の首にブラックホールがあるのは本当?
A.

ブラックホールを見た人はいない。なぜならブラックホールは見えないから。でも推測でブラックホールがあるのではないか、ということはわかる。

木場田繁

木場田繁

Q.太陽は地球何個分?
A.

大きさで言えば約109倍

木場田繁

木場田繁

Q.宇宙には空気がないのになぜ太陽は燃え続けられるの?
A.

核融合しているから(地球とは別の種類の燃え方をしている)。水素を燃やしているので酸素はいらない。

木場田繁

木場田繁

Q.月をひっくり返したらうさぎが餅をついているといわれているのは何で?
A.

地球も回っているので実は月の裏は見えない。うさぎと言われているのは月の表側が満月になったときに見える影。

木場田繁

木場田繁

Q.彗星死んでるって聞いたけど、星が死ぬとはどうなったら死ぬっていうこと?
A.

燃料に値するものが無くなったら、つぶれたり、爆発したりして無くなる。

三輪田真

三輪田真

Q.太陽は何年前にできた?
A.

約46億年前

三輪田真

三輪田真

Q.500mlの飲み物は100万円だけど、人間本体は月まで行くのにいくらかかる?
A.

重さだけの計算だと1億円(×1人)くらい。だたし、その他食料や燃料や色々と別途かかるものが多くある。

三輪田真

三輪田真

Q.太陽系の7番目と8番目の星が入れ替わるのはなぜ?
A.

冥王星の軌道が歪んでいるため、場所が入れ替わる。

三輪田真

三輪田真

Q.50kgの人が宇宙に行ったら何kgになる?
A.

重さは無くなる。でも質量は同じ。

三輪田真

三輪田真

Q.三輪田先生は宇宙に行ったことある?
A.

いったことはない。でも今の小学生達が大人になる頃にはお手軽価格での宇宙旅行が始まっているかも!

三輪田真

三輪田真

Q.宇宙人やブラックホールは存在しますか?
A.

水のある惑星には生物がいる可能性がありますし、ブラックホールもいくつか見つかっています。

三輪田真

三輪田真

Q.地球と月以外に水がある星はありますか?
A.

火星など小惑星にはあるかもしれません。

三輪田真

三輪田真

Q.土星の周りに小さな粒があるのはなぜ?
A.

あれは氷の粒です。土星の他にも輪がある星はあるんですよ。

三輪田真

三輪田真

Q.ブラックホールが、何もかも吸い込むのは本当ですか?
A.

星が吸い込まれつつあるというのが、電波調査で分かっています。

三輪田真

三輪田真

Q.最近の宇宙食にはどんなものがありますか?
A.

今、宇宙食は100種類以上あり、カレーライスやラーメン、赤飯などなんでもあります。ハイチュウも宇宙食に認められたんですよ!

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.宇宙食は美味しいですか?
A.

軽い方が輸送が安いので、フリーズドライにして送り、宇宙についたらお湯に入れて食べます。だから、ふやけて味はあまりおいしくありません。味は濃いめです。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.宇宙にお茶は持っていかないの?
A.

ウーロン茶も宇宙食にありますよ。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.どうして月には空気がないの?
A.

地球には大気ができる条件がそろっているんです。重さ、自転、海、大気の層など。
月にはその要素がないから空気がないんです。

松本勇

松本勇

Q.宇宙人は本当にいるのですか?
A.

まだ発見はされていません。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.UFOはいますか?
A.

まだ発見されていません。もしかしたら人類と同じように発達した生物がいるかもしれません。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.水のリサイクルってどうやるの?
A.

浄水装置を使います。

三輪田真

三輪田真

Q.重力がないと、浮いて戻ってこれないことってある?
A.

宇宙に出る時は、命綱をつけています。

三輪田真

三輪田真

Q.宇宙で叫んだら声は聞こえますか?
A.

空気がないので、宇宙空間では声は聞こえません。

三輪田真

三輪田真

Q.ブラックホールはありますか?
A.

あります。ブラックホールは見えないけど、ブラックホールに物体が落ちているという電波が届いています。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.月の直径は?
A.

3500km。日本列島よりちょっと長いです。

春山純一

春山純一

Q.宇宙のはじっこは見つかってないの?
A.

いまだに研究者にもわかっていないんです。人間には理解できない端っこがあるかも。。

春山純一

春山純一

Q.太陽系の中で、重力が一番強い星は?
A.

太陽が群を抜いて強く、その次は木星です。

春山純一

春山純一

Q.月の次に人間が行けそうな星は?
A.

火星、もしくは地球に近い小惑星ですかね。

春山純一

春山純一

Q.地球は何年に生まれた?
A.

46億年前

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.地球の裏ではどうして人はさかさまで立てるの?
A.

重力があるからです。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.地球では息ができるのに、どうして宇宙ではできないの?
A.

地球には重力があって大気をとどめることができる。火星にも昔は空気があったかもしれないんですよ。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.どうやって地球ができたのですか?
A.

小さな散らばっているものが地球の重力に引き寄せられ集まってできた。

木場田繁

木場田繁

Q.地球から月までは新幹線で何日くらい?
A.

約2日間くらい

三輪田真

三輪田真

Q.地球は何年後に爆発する?
A.

ひとまず私たちが生きている間は大丈夫。

三輪田真

三輪田真

Q.地球から太陽までは人間の科学でいける?
A.

全て燃えてしまうのであまり近づかない方が良い。

三輪田真

三輪田真

Q.月の大きさは地球の4分の1だけど、重力は?
A.

重力は6分の1になる。月にいくと飛べちゃう。

三輪田真

三輪田真

Q.地球と月以外に水がある星はありますか?
A.

火星など小惑星にはあるかもしれません。

三輪田真

三輪田真

Q.地球は何で出来ているのですか?
A.

石とか岩。真ん中には鉄などの重たいものがある。それを調べる為に宇宙へ探査機を飛ばしています。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.宇宙飛行士にはどうやったらなれますか?
A.

実は私は25歳の時にチャレンジしましたが、失敗し、28歳で再チャレンジし、合格しました。その11年後に宇宙に行けました。諦めずに頑張ってよかったと思います。

山崎直子

山崎直子

Q.ISSに宇宙ゴミがぶつかって影響を受けたことはありますか?
A.

宇宙ゴミのこと、勉強してくれてるとは、素晴らしいですね。以前、宇宙から帰り確認したところ、窓ガラスに3箇所ヒビが入っていました。大きな影響はなかったですが。地上から、ゴミを望遠鏡でチェックしていて、ゴミがISSに近づくと、避けるように地上から警告される仕組みになっています。過去に警告が発せられたことはあります。

山崎直子

山崎直子

Q.どうして宇宙飛行士になろうと思ったんですか?
A.

僕は宇宙飛行士ではないのですが、(苦笑)宇宙飛行士になった人の話では、宇宙に行きたい、無重力を感じてみたい、という理由から宇宙飛行士を目指したそうです。

高橋伸宏

高橋伸宏

Q.ロケットを作るには何年かかるんですか?
A.

設計に10年(試験も含む)製造には3年ほどかかります。
海外はもっと早く、1,2年で製造できることもあります。

高橋伸宏

高橋伸宏

Q.ロケットを1回打ち上げるのに、どれくらい燃料が必要ですか?
A.

ロケットの大きさによります。ロケットは液体ロケットと個体ロケットの1種類があって、数100トンの燃料を積んでいます。
ロケットの9割は燃料なんですよ。

高橋伸宏

高橋伸宏

Q.ロケットは何人で作るんですか?
A.

人数は分かりませんが、何百という会社が携わって作っています。
何百万個の部品が必要なので、部品を作る人、運ぶ人、試験をする人など、多くの人がみんなで協力してロケットを作っています。

高橋伸宏

高橋伸宏

Q.ロケットに積んでる酸素がなくなって死にそうになったことは?
A.

アポロ1号では、事故で1人が死亡。ソユース(ロシア)では、帰ってくる時に酸素がなくなり死亡する事故がありました。
今では、宇宙船内でも宇宙服を着るようにしています。(宇宙服の中に、少し酸素が入っているから)

高橋伸宏

高橋伸宏

Q.宇宙服の重さは?
A.

アメリカの船外活動用だと200kg。

三輪田真

三輪田真

Q.訓練で一番大変なのは?
A.

冬山や海でする、帰還してきたときの為のチームワークの訓練。海の底でやる訓練はとても狭い環境で長期間行うので大変。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.ロケットを作るのに何日くらいかかる?
A.

2年くらい。エンジンを作るのに時間がかかる。最後に種子島での組立に1~1.5ヶ月くらいかかる。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.国際宇宙ステーションのカメラはどのような種類がある?
A.

地球観測用、宇宙観測用、データを発信するアンテナ等。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.人工衛星どうしはぶつからないの?
A.

今までに5000個以上の衛星を打ち上げているので、宇宙ゴミがたくさんあり、危険な時もあります。でも、ボールを日本からアメリカに流し、アメリカからも同様に日本に流しても、その2つのボールが当たる確率はとても少ないですよね?それと同じように宇宙はとっても広いので、宇宙ゴミにぶつかる可能性は低いです。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.人工衛星を作るのにはいくらかかるの?
A.

サイズにもよりますが、小さいもので100億円、大きいものは500億円、さらに特別なものだと800億円くらいかかるものもあるんですよ。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.人工衛星の役割は?
A.

天気を調べたり、生中継をしたり、カーナビ、スマホのmapも人工衛星のおかげなんですよ。山の噴火や海の温度を調べるのにも役立っています。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.ISSの中では宇宙服を着なくていいの?
A.

ISSの中には空気を入れて地球と同じ環境にしているので大丈夫です。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.宇宙船のごみってどうするの?
A.

しばらくは宇宙船に保管しておいて、物資が届いたときに、それを入れていたごみなどを詰めて地球に送り返すと、流れ星のように大気圏で燃えつきます。

大嶋龍男

大嶋龍男

Q.小学生の皆さんへメッセージ
A.

5年後、10年後の自分を考えてみて、是非夢を持って頂きたいです。自分の中で目の前のことをおろそかにせず、夢を思い描いて少しずつ進んで行って下さい!

山崎直子

山崎直子